広告

その他

吉野家の牛丼、バイトが食べるあの食べ方

投稿日:

吉野家は、ある一定時間働くと、まかないとして牛丼を食べることができます。

ずっと牛丼を食べるバイトだからこそ知っている食べ方があるんです。
吉野家 牛丼の具 135g×15食

吉野家 牛丼の具 135g×15食

吉野家の牛丼、しばらく食べていないとなんだか食べたくなってしまうものじゃないですか?

そう、何の気なしに食べたくなる牛丼。

しかし、その牛丼も毎日食べるとなると飽きてきます。

美味しいんですけどね・・・毎日はちょっと・・・

 

昔、昔、吉野家でバイトしてました。

長時間のバイトで、毎日働いてましたので、毎日まかないとして牛丼を食べていました。

今もまかないつきなのかな?

 

ちなみに、マクドナルドはまかないつかないので、自分で買って食べてましたね。

美味しいものでも毎日食べると飽きますよね。

そんな時に食べていたのが牛丼にカレーをかけて食べるってやつです。

そんなのすき家に行けば食べれるんじゃないのって言われるかもしれません。

そうですね、今ではすき家で販売されています。
しかし、当時はすき家は存在しておりませんでした。

ですので、コンビニでカレーを買ってきて、牛丼の上にかけて食べていたわけです。

レトルトカレーです。

中でも、カレーマルシェが相性が良かったですね。

 

カレーマルシェ 甘口(200g(1人分)) (レトルト カレー)

カレーマルシェ 甘口(200g(1人分)) (レトルト カレー)
バイトしていた人の中ではかなり有名で、ここからすき家のメニューができたのではって思ったりします。

更に、少し非合法ですが、牛皿すき焼き風って食べ方がかなり美味しい。

まかないを牛皿としろご飯で頂きます。

そして、卵を購入し、朝定食のネギを少し失敬します。

とき卵にして、ネギを入れ牛皿のお肉をつけて食べるのです。

普通のすき焼きより美味しくて、仲間内では一番人気でした。

 

今にして思えば、牛丼も自分で盛った牛丼が一番美味しいですね。

肉も玉ねぎも火は通っているけど、煮すぎない程度で盛り付けます。

これを汁抜きで食べるのが美味しいって言ってましたっけ。

懐かしきかな青春時代ですw

-その他

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.