甲南大学学園祭

広告

その他

甲南大学学園祭に行って国鉄本山の石碑を見つけた一日

投稿日:2017年11月3日 更新日:

学園祭って、いつの時代も面白い。

学生が、模擬店をするからだ。

模擬店なので、社会に出る前に、模して行うお店。

しかし、社会経験を積んでいるか、意欲があるかで、模擬店の売り上げも変わって来るのではないだろうか。

 

学園祭って久しぶり

学園祭って久しぶりだ。

と言うか、私は専門学校卒なので、学園祭と言っても高校になってしまう。

私の通っていた高校は、歴史も古いので、大学並みに3日間開催されていたので、結構盛大だった。

今回、甲南大学の学園祭に来たのだが、美人が多いのでびっくりする。

もともと、神戸出身の女優さんは多いし、その多くが東灘区や灘区出身だったりするわけで、美人がたくさんいても不思議ではないのかな。

甲南大学学園祭

意欲と戦略の大切さ

学園祭の模擬店でも、もちろん商売なわけで、戦略が必要。

ぐるっと見て回った限り、模擬店の中に飲み物を売る店が1件しかない。

ノンアルコールカクテルを売っているお店だ。

今日は暑い一日だったので、案の定よく売れている。

もちろん、学園の中には飲み物を売るコンビニも、カフェもあるのだが、模擬店の一角からは遠い。

これを知ってか知らずか、一軒のみの飲み物店は大繁盛だ。

他は、焼きそばだの、たこ焼きだの、ピザだのの食べ物。

食べたらのどが渇く食べ物が多いので、飲み物が欲しくなる。

さらに、この模擬店、好立地に出店している。

校門からの道は坂道になっている、坂道を上がって来ると少し開けた広場になっている。

その広場の真ん前に陣取っているのだ。

坂道で何かを買ったとしても、食べようと思うとこの広場になってしまう。

食べたらのどが渇くよね。

すると目の間に飲み物を売る模擬店があるってわけ。

これは売れる。

私もノンアルコールカクテルをいただいたが、見た目も綺麗で、味も美味しい。

これは売れないわけはない。

 

このノンアルコールカクテルを仕掛けた学生さんの意欲と戦略がぴたりとハマったといえる。

なかなかセンスのいい学生さんだ。

甲南大学学園祭

企業も企画力を見るため学生をスカウトすればいいと思う

就職と言えば、入りたい企業に申し込みを受けた人の中から試験をして採用するのが当たり前。

しかし、働き手が減っている現在、なぜ人事担当者は優秀な学生を自ら求めないのだろうか。

野球や芸能界にスカウトが有るように、一般企業も受け身にならず、スカウトをすればいい。

スカウトの場として学園祭はもってこいだ。

模擬店の企画のしかた、売り込みのしかた、立地の考え方など、優秀な学生を見つけるチャンスだといえる。

もちろん、誰が企画したかを絞り込むのは難しいかもしれないが、わかれば即戦力を雇える可能性が高い。

これからの社会、企業も攻めの人事をするべきではないだろうか。

国鉄本山の石碑がなんだがいい

甲南大学のある岡本は、最寄り駅が阪急岡本駅となる。

御影から岡本にかけて、高級住宅街で、しかも、歴史の古い家が多く、敷地も広い。

いわゆる山手にある大学という事になる。

その、岡本駅の改札から出ると、一つの石碑を見つけた。

甲南大学学園祭

JR以前、国鉄時代の石碑のようだ。

すでに、国鉄という名前も知らない若者が多く行きかう岡本駅に、国鉄の文字が入った石碑があるのがなんともいい。

現在は、ここを南下するとJR摂津本山駅がある。

神戸の場合、南が海で標高も低く、北が山手で標高が高い。

まさに、南下と北上が似合うのが神戸と言えるだろう。

 

-その他
-, , , ,

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.