広告

セミナー体験記

ソーシャル人のための読書会・勉強会を開催しました!その後の懇親会

投稿日:

関西ソーシャル人の会読書部初の読書会を開催しました!

ソーシャル人のための読書会・勉強会を開催しました。

関西ソーシャル人の会読書部を立ち上げてから初めての読書会です。

テーマ本は「レバレッジ・リーディング」 本田直之さんの著書で、ものすごく有名な本です。

最初にこの本を選んだ理由は、これからのビジネス書との付き合い方を考える上で最も最適だと思ったからです。

読書会の模様はこちらから→http://ソーシャル人読書会.com/rebareltuji-ri-delinngu.html

これから、定期的に開催していきますので、お近くの方でご興味がある方は参加お願いします。

会場は、だいたい大阪のどこかですw
読書会懇親会
集まってみれば、同学年が3人

今回の読書会、なんと、同じ学年が3人集まりました。

3人ともサラリーマンです。 フリーで仕事をしているうえせいさん以外はサラリーマンです。

半沢直樹ではないですが、バブルの頃に学生時代を過ごし、就職した世代です。 スキーが流行ってましたし、テニスも流行ってました。

どちらも嗜む私は、バブル世代と言う事になるのでしょうか?

同学年話してみれば思う所は同じ 同学年が集まって話すと、職種も待遇も違う3人が同じ様に将来に対して不安を抱いています。

その為に、様々なスキルや情報を仕入れたいと思っている所も共通しています。

 

懇親会では、そんな三人が、年下のうえせいさんに教授いただきました。

うえせいさんに関してはこちらをご覧下さい→

後ろ向きな愚痴が出ない懇親会は楽しいです。

これかどうやって行こうかって話し合うのは前向きです。

個人がそれぞれに人脈を持ち、その人脈をお互い繋げて、個人でありながら組織の様な有機的な繋がりを保つ。

本当に会って信用できる人とジョイントしていく。

なんだか面白そうな話が出てきました。

 

丙午の次の年生まれは人口が多い。

同学年3人は、丙午の次の年に生まれています。

人口ピラミッドで、一カ所だけ落ち込んで、その後飛び出した刺の様になっているところが私たちです。

生まれた時は経済成長で右肩上がり。

バブル時代に学生時代を過ごして結構遊んで就職した世代でしょうか。

人数の多いこの世代が抱える不安。 将来への不安です。

仕事への不安もあります。

恐らく、どの会社でも同期が多いはずです。

上に昇って行くと、定員オーバーになるのは目に見えています。

この世代の不安を取り除く事ができるコンテンツがあるとしたら、需要はかなりのものになるでしょう。

これって面白くないですか?

需要がある所に、共通した心理! なんだか儲かりそうな臭いがしますねw

 

関西ソーシャル人の会読書部では、定期的に読書会を開催したいと考えています。

いろんなアイデアを出しながら、面白い読書会ができればって思っています。

紙の本の危機と言われる昨今。

本屋さんとタイアップした読書会なんかも面白いですよね。

著者の方に来ていただく読書会なんて最高ですね。

早速、次回読書会の読書会を告知

日付:10月11日(金曜日)

場所:梅田の何処かw(現在選択中です)

 

次回は、ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣の著者

ノブ横地さんを迎えて行ないます。

近日中に、Facebookのイベントページにアップします。

是非ご参加ください。

-セミナー体験記

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.