日常の気になる情報を検証独自の視点んで解説お届け!

広告

ビジネス

宅配ピザを高くても買うのは、宅配と言うプレミアムが付いているから

投稿日:

原価を鵜呑みに高いと思う間違え

宅配ピザ

宅配ピザの原価が300円と言う記事

Newsポストセブンの記事に、2,000円の宅配ピザ原価は300円の記事がありました。

この記事では、淡々とピザの原価率が15%〜20%である事を伝えている。

果たして、原価300円をどう思うか

原価300円を安い、儲け過ぎと思うだろうか。

それとも、適度だと思うだろうか。

2,000円のピザの原価が300円と聞くと、残りの1,700円が利益かと思いがち。

でも、ちょっと考えればそうではない事はわかる。

人件費が高い

まず、人件費がこの原価300円には入っていないであろうという事。

材料源かが300円という事だ。

実際に、このピザを作って届けるとする。

実際に作る時間だけを考えたとする。

まず、作る従業員の時給が850円としても、15分で造れたとして212円。

配達が30分以内として20分とすると283円。

合わせて495円。

これに、300円をプラスすると、795円となってくる。

 

自分で作るとわかる、1枚作る原価は300円ではないと言う事実。

さて、ピザを自分で作った事の有る人ならわかると思います。

ピザを自分で作ると安いです。

3枚作って、好きな具を乗せても2,000円はかからないと思います。

ピザ3枚。

4人家族ならいざ知らず、二人だと余ってしまうでしょう。

1枚だけ作る費用と考えると、値段は上がってしまいます。

一番高いチーズだとか、サラミだとかは、1枚分だと余ります。

もちろん、後で使えますが、1枚で見るとおそらく1000円近くかかってしまいます。

だとしたら、もう少し値段を足して、宅配ピザを届けてもらい楽して美味しく食べるか、

または、スーパーで冷凍ピザを買ってきてチンして食べるかになりますよね。

確かに、冷凍ピザは安いですが、具が少しもの足りない。

それに比べて、宅配ピザは具も多く肉厚で美味しい。

 

付加価値と言う事

選択は、それぞれ自由。

何処に重きを置くかだと思います。

電話一つで宅配してもらって、熱々の具沢山を食べる事が出来る。

この付加価値にプラス幾らかを払っている訳ですね。

自分で作ると、記事の発酵に1時間以上かかりますし、具をたくさん乗せると、余った具をどうしようと思います。

だから、プラス1000円だったとしても、すぐに食べられて具たくさんを選ぶのは間違えとはいえません。

問題は、この記事の様に1方向からだけしか見ないで、短絡的にピザ店を儲け過ぎだと批判する事。

そんな気がしませんか。

 

-ビジネス
-

Copyright© BATOるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.