広告

不動産投資

不動産投資の恐怖!不動産投資のリスクとは?

投稿日:

金持ち父さん 貧乏父さんを読んでいると、不動産投資をやらない手はないって思えてきます。

不労所得って、耳障りがいいですよね。

働かないで月々お金が入ってくれば、働いていた時間を自由に使う事ができます。

「いやー、仕事なかったあら時間を持て余すだけ!」そう言う人も多いですよね。

しかし、私がセミナーでお会いした、牛堂登紀雄さんは、時間を持て余し始めたので、新しいビジネスをはじめたと言っていました。

そうですよね、不良所得があるから、自分の好きな事業をできる。

好きなことをして行きていけるのが経済的自由ってやつですね。

ベンチ

とは言うものの、投資ですからリスクはつきものです。

不動産投資には、簡単に次の様なリスクがあります。

 

空室リスク

投資はリターンが大きいほどリスクも高く、リターンが低いものほどリスクが低くなるという特徴がありますね。

不動産投資はミドルリスクミドルリターンの通してあるといえます。

不動産投資は、アパートなどの賃貸して収益を得るものですから、部屋が空室になるリスクというのはいつでも抱えているといえます。

個室になると家賃が入ってきませんからその分、収入がマイナスになるばかりでなく、あまり空室が増えすぎると、自腹を切ってローンを払うことになってしまいます。

 

金利上昇リスク

不動産投資では、銀行ローンは切っても切り離せないものだと思います。

銀行からお金を借りて、レバレッジをきかせてアパートを購入する事がほとんどでしょう。

現在の銀行のローン金利は、かなり低い水準で金利が設定されています。

これからの景気回復次第では、金利が上昇する可能性はかなり高いと言えます。

むしろこのまま低いままであることの方が不思議であると言わざるを得ないでしょう。

ローンを使って収益を上げている以上、金利の上昇は即、収益の悪化につながります。

 

流動性リスク

結構見逃しがちで、重要なのが流動性リスクです。

売りたい時に売れない、手放す必要があっても手放すことができないということが不動産投資は起こりえます。

すぐに換金できないん投資物件であるので、長期にわたって考えて実行しなければいけない投資であるといえます。

 

地震火事などの災害リスク

阪神淡路大震災、東北大震災など日本は地震大国であることをまざまざと見せつけられています。

日本で不動産投資を行う限り、震災のリスクと言うものはついてまわります。

それだけではなく、洪水なども災害リスクも伴う事は言うまでもありません。

 

人的リスク

不動産投資は、人に部屋をかして収入を得るビジネスです。

賃貸人とのトラブルは、少なからず大家さんに降ってかかってくるものだと考えていて間違いないでしょう。

 

-不動産投資

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.