広告

健康

羽毛布団って、自己投資かもしれないw

投稿日:2013年5月27日 更新日:

自分への投資、豊かな睡眠のために。

5月に入り、暑い日が続いたかと思うと、寒い日があったりとなんだかどっち着かずの日が続きますね。

暑すぎても、寒すぎたも快眠できないことは無いですか?

私は、羽毛布団を使用しています。

冬用の羽毛布団を結構かなり夏に近づくまで使っています。

羽毛布団を使い始めて思ったこと!

もちろん、暖かい!

軽い!

さらに、涼しいってのがあります。

 

この時期、暑い日と寒い日がくり返したりすると気づくのです。

どちらの日でも、掛け布団取り替えることなく過ごす事ができるなって。

自宅が結構寒い地域にあるため、冬寝る時にはかなり室温が下がります。

暖房を入れて寝ればいいのですが、もったいない。

私の家では寝る時に暖房は消して寝ています。

 

すると、かなり室温が下がるのですが、羽毛布団の上に毛布をかけての2枚重ねだけで十分快適に眠ることができます。

更に、昔は綿の掛け布団を使用していましたが、だんだんと薄くなってきて、暖かさが激減してきます。

所が羽毛は、婚礼布団は、使用18年になりますが、メンテナンスなしで同性能を保っています。

これって、使用年数で割ると、コストパフォーマンス高いのじゃないか?って思いますね。

 

私の使っている羽毛布団は、たしかニトリで買ったものです。

妻が使っている羽毛布団は、婚礼布団として妻が持ってきたもので、かなり高価な物です。

最近はネットでも変えますね。

ネットの羽毛布団店

ネットではシングルで2万円ぐらい、ダブルだと3万円ぐらいのようです。

この値段で快適な睡眠が取れるなら、自己投資としてもおつりがきますね。

ニトリの羽毛布団も、悪くありません。

暖かく過ごす事ができます。

しかし、高いほうは、更に快適。

羽毛が偏ることもありません。

値段だけあります。

 

羽毛布団の値段は、中に使われている羽毛の質と、キルティングのしかたなどで変わってくるようです。

何処産の羽毛か、ダウンもどの部分のダウンか、ダウンも選別をどの程度おこなっているかでかわります。

もちろん、羽毛の中にダウンではなくフェザーが入ると安くなります。

ダウンはお腹のほうの柔らかく空気を含む量が多い部分ですよね。

フェザーは、羽の部分。

風を切るところですね。

こちらは、空気をあまり含みません。

 

空気をどれぐらい周りに包むことができるかで暖かさが変わります。

更に、水鳥の羽であるダウンは、もともと水に浸かってしまう箇所です。

そのためか、抗菌能力が高く、メンテナンスが少なくて使用に耐えるようです。

最近では、羽毛布団はリーズナブルになっているため、羽毛布団をお使いの方も多いことと思います。

しかし、まだ使われたことの無い方は一度ご使用になってみてはいかがでしょうか?

 

<PR>創業190年の羽毛布団専門店【羽毛布団ベストショップ】

 

-健康

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.