広告

健康

乳がん治療に選択肢増える

投稿日:2014年6月29日 更新日:

乳がんの選択肢が増える

乳がん治療の進歩に伴い治療の選択肢も増えていると言うことです。

乳がんには、手術をおこなう、薬物治療をおこなう、放射線治療をおこなう。

主に3つの治療法があります。

普通は、再発を防ぐために2つ以上の治療法を合わせておこないます。

手術と放射線治療。

手術と薬物療法などです。

治療方法の進歩で、温存手術が増えているかと思うのですが、実は逆だそうです。

全摘の手術が増えていると日経が伝えています。

主な要因として、再建術の進歩があるというのです。

乳房再建手術が進歩したため、温存療法での再発リスクを懸念して、全摘手術をおこなう人が増えているのだそうです。

経済的な選択肢も増える

経済的な理由も含まれると言う話も掲載されています。

温存療法をおこなう場合、放射線療法や薬物療法を併用します。

全摘した場合に比べ、温存療法では再発率が高いためです。

しかし、長期の治療にはお金がかかります。

入院するだけでなく、通院する時もお金がかかる。

その理由で再発リスクの低い手術を選ぶ場合が増えているのだろうと思われます。

-健康
-

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.