広告

グループを活性化する3つの方法

投稿日:

グループにも寿命があります。

いくら仲のいいグループであつても疎遠になっていくものです。

学校で仲のいいグループができる。

でも、クラス替えがあってしばらくすると疎遠になる。

新しい友達との付き合いが始まると、以前のグループはだんだん会わなくなっていきます。

あたりまえの事です。

 

現在では、ネットを介したグループや集まりが数多くありますね。

そのどれもが寿命があるものと思われます。

 

そんなグループを活性化させる方法とはなんでしょうか?

1.継続的なコミュニケーション

Facebookのグループなどでは、ネット上の情報のやりとりが命綱です。

ネットを流れるグループのタイムラインに変化があること。

変化のないタイムラインにアクセスしようとは思いません。

ネット上のグループでは、投稿の件数が減ると面白みも減り、グループも衰退していきます。

ある程度の投稿を維持する。

投稿に対してコメントをする。

自分の投稿に対してコメントされると、さらなる投稿を誘引します。

さらに、自分の投稿にコメントしてもらった人は、他の人の投稿にもコメントする傾向があります。

この好循環を維持する事がグループを活性化させます。

 

2.メンバーの新陳代謝

固定したメンバーでは、話題も尽きてしまいます。

どんなに仲のいい仲間でも、毎日会っていれば少なからず話題が減るものです。

ここにニューカマーが現れると新しい話題も広がります。

 

ただし、このメンバーの新陳代謝には気をつけないといけない一面があります。

グループの活性化という面だけであれば問題ありませんが、大きくしようと思うと注意が必要なのです。

それは、常連客でもつ小料理屋と同じ心理です。

新しい人が続々と入ってくると居場所がなくなる人も出てきます。

こういう人達をフォローする事も大切です。

フォローを怠ると、入った人がいると思うと出て行く人もいる。

グループが大きくなって行きません。

新陳代謝と言っても、できるだけさる人を少なくする事も大切です。

 

3.イベント

定期的なイベントを開催する事は、もっとも有効なグループの活性化の手段です。

やはりリアルで会うのが一番!

イベントを行うと、共通の話題が増えます。

イベントを行ってから何日かは、イベントの話題でタイムラインが賑わいます。

これが冷めきらぬうちにイベントを開催できれば、活性化が続きます。

すると楽しそうなイベントに誘われてニューカマーも入ってきます。

ニューカマーに以前のイベントを説明するだけでも盛り上がるのです。

「なぁ、あの時のイベントでのハプニングは凄かったよな!」

「そうそう」

「えっ、しりません、どんなんだったんですか?」

みたいな感じです。

 

この好循環がグループを活性化し、グループの寿命を延ばします。

 

ネット上のグループでやってはいけない事

リアルなグループでもそうですが、ネット上のグループでは、規制を設けると衰退して行きます。

特に書き込みなどに規制を設けると書き込む人が激減し、衰退の一途をたどります。

規制を設けずに、しかし羽目を外しすぎない様に持って行く事が必要です。

まっ、Facebookは比較的大人のSNSです。

リアル割れしている分荒れる事も少ないです。

 

偽装もありますが、偽装している人はリアルのイベントには現れませんからねw

 

<参考書籍>

-

Copyright© 自動車情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.