広告

気になる情報

リーダーが新機種「PRS-T2」になって9980円で9月21日発売

投稿日:

reader

By npmeijer

 

kobo touchを購入した@batoです。
kobo touchいろいろと問題点が指摘されています。

 

少し、蔵書が少ないように思うのが、今の一番の欠点でしょうか。
このままkindleが日本発売となったとき、蔵書の数はどれぐらいになるのかなって考えますね。

 

和製のリーダーはどうでしょうか?
リーダーの新機種「PRS-T2」が発売になりました。
価格は、kobo touchより少し高い9980円です。

 

以前の機種に比べると、この「PRS-T2」は、紙の本に近い捲り心地になっているようです。
15ページに1回の白黒斑点です。
kobo touchを使っていると、やはり反転が気になります。
もちろんリーダーも同じですよね。

 

電池も長時間、WifiをOFFにすると、二ヶ月もつとの事です。
もちろん、micro SD搭載です。
重さは168g
蔵書は、和書63000冊だそうです。
実は、読みたいと思っていた本があったんですよね。

 

これからの電子書籍コンテンツはどの様になっていくのでしょうか?
全ての端末で、同じように書籍が発売となるのでしょうか?
それとも、koboにはあるけどリーダーにはないとか、kindleにはあるとか。
そんな感じにはならないんですかね。

 

どの端末も、かなりリーズナブルなので、全て買ってもいいのです。
がっ、全て持って歩くわけには行かず、これとこれを読みたいって時、一つの端末だけ持って行きたいですね。
とりあえず、kindleも登場間近だと思われます。
kobo touch買っちゃったので、koboでできることをします。

 

新しい端末でたら考えようと思ってます。
ただ、もう一端末買いそうな予感です。

-気になる情報

Copyright© 自動車情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.