日常の気になる情報を検証独自の視点んで解説お届け!

広告

気になる情報

フクロウとミミヅク、コノハヅクって何がち合うの?

投稿日:

フクロウのファンって結構多い

フクロウの魅力は大きな目かな?

フクロウのファンは結構多いと思うんです。

お土産で、フクロウの置物を買って、集めている人も多いんです。

私もフクロウのファンです。

大きな目に、コミカルな動き。

コミカルな動きは、暗闇の中で獲物の位置を成果に把握するための動きですよね。

獲物を追いかけるまで、あまり動かない所も人気の秘密かもしれません。

 

闇夜を音も無く飛ぶフクロウ

フクロウの羽は、鳥類の中でも最も風を切る音が少ないと言われていますね。

ハトが飛ぶとき、近くにいたって経験をしたひとは多いでしょう。

ハトが飛んで行くとき、羽ばたき音が聞こえます。

しかし、フクロウの羽ばたき音は人間の耳には聞こえません。

闇の中、静かに獲物を襲うために進化したんですね。

 

フクロウとミミヅク、コノハヅクって何が違う?

フクロウが好きな私でも、フクロウとミミヅクの違いがわかりません。

更に、ミミヅクとコノハヅクの違いもわかりません。

なので、ちょっと調べてみました。

 

フクロウとミミヅクの違い

フクロウとミミヅクは何が違うのか。

大きな違いは、羽角と言う羽があるかないかだそうです。

羽角は、動物の耳の様に見える形をした羽です。

よく絵に描かれるフクロウには、耳の様なものがありませんか?

あれって、ミミヅクだったんですね。

 

ミミヅクとコノハヅクの違い

ミミヅクとコノハヅクは基本的に違いはさほど無いようです。

ヅクって言う言葉が、ミミヅクの総称のようなものだそうです。

木の葉の様に小さなミミヅクなので、コノハヅクと呼ばれているようです。

しかし、大コノハヅクなんてのもいて、区別は曖昧のようです。

 

旭山動物園では、是非しまフクロウ舎へ

旭山動物園しまフクロウ舎

北海道は、現在でもフクロウが生息できる森が残る数少ない所。

その北海道に、旭山動物園があります。

北海道に生息するシマフクロウの生体がわかるしまフクロウ舎があります。

旭山動物園では、しまフクロウ舎へお越し下さい。

 

ちなみに、しまフクロウはフクロウですが、角のような羽角があります。

-気になる情報
-, ,

Copyright© BATOるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.