広告

自動車

新型アルヴェルモデルチェンジ情報

投稿日:

アルファード&ヴェルファイアモデルチェンジ!

来年2015年1月にアルファードとヴェルファイアがモデルチェンジを迎えようとしています。

高級ミニバンでありながら、本当に沢山走っていますよね。

日本は本当は豊かなんだ!そう思わせる光景です。

今、ハイトでビックなミニバンは、アフヴェルの独壇場ですね。

と言うか、ヴェルファイアの独壇場といっていいでしょうね。

ただ、次期モデルでは、アルファードが人気を盛り返しそうな雰囲気。

デザインがシャープになる様子。

アルファード&ヴェルファイア

しかも、トヨタ店、トヨペット店のフロントマスクが共通イメージに。

つまり、エスクァイアからクラウンまで、フロントグリルに共通デザインが施されます。

ヴェルファイアは、上下2段のライトは変わらず、更にシャープなイメージになるようです。

アルヴェルのファーストクラス

高級ミニバンで有るにも関わらず、少し豪華さに欠ける内装。

ヨーロッパ車に比べるとそう思ってしまいますよね。

しかし、今度のアルヴェルはラグジュアリーに磨きがかかるようです。

最近のトヨタ車は、ダウンライトが施されてますね。

プリウスにも、コンソールのあたりを照らすダウンライトが搭載されています。

ここなんで光ってるんだろうって思ったらダウンライトでした。

アルヴェルでは、カップホルダーを照らすダウンライトが備えられています。

これも、ラグジュアリーの一つですね。

そして、何と言っても2列目シート。

2列目シートが4種類用意されています。

アルファード&ヴェルファイア

リラックスキャプテンシート、エグゼクティブパワーシート、ベンチシートにエグゼクティブラウンジシートが用意されているのです。

エグゼクティブシートは、昔の高級セダンに変わって増えている、重役用社用車用ですね。

テーブルも出てきますし、シートにヒータも搭載しています。

エグゼクティブシートも十分ラグジュアリーです。

パワーシートでらくらくリクライニングします。

通常選ぶ可能性の多いのがリラクックスキャプテンシートでしょう。

現行のモデルと同様に、横方向にもスライド。

多彩なシートアレンジが可能です。

このシートでは、助手席が大きくスライド。

足を延ばすことができます。

2列目も横に寄せればオットマンが使えます。

つまり、3人がオットマンを使ってリクライニングで乗車できると言うこと。

コレは凄い!

もちろん、ファミリーに需要の高いベンチシートもありますよ。

チップアップします。

つまり、座席が前から上がって更に前まで寄せることができます。

かなりの荷物が載せられそうですね。

ハイブリッドの燃費は19.4km/L

もちろん、ハイブリッドもあります。

現状と同じ2モーターハイブリッド。

後輪はモーターで駆動される4WD、E-Fourです。

燃費は改善して、19.4km/L!

このクラスでこの燃費。

トヨタのハイブリッドは更に効率良くなってますね。

それも、アトキンソンサイクルエンジンのおかげ。

更に、今のハイブリッドは電池を小さくできるようです。

そのため、電池は座席下に。

少し煩わしかった電池が無くなります。

-自動車
-, , ,

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.