広告

自動車

新型ベンツCクラスワゴンのアクティブセーフティが凄い

投稿日:

ベンツCクラスワゴンが日本デビュー

先頃発売されたベンツのCクラス。

ベンツCクラスステーションワゴン

セダンは日本デビューしていたのですが、いよいよステーションワゴンが発表されました。

内装的な部分と、装備はセダンと同じです。

ベンツCクラスステーションワゴン

スタイルは、セダンのCクラスを進化させた様にスタイリッシュです。

セダンは使い勝手が・・・って思っていた人も、選択肢にベンツが入ってくる一台になっていますね。

ベンツCクラスワゴンのアクティブセーフティが凄い

今回、ステーションワゴンが出て、アクティブセーフティを注意して見ました。

すると、ベンツのアクティブセイフティが凄い事に気付きました。

5つのレーダーセンサーと、1つのステレオパーパスカメラ、さらに2つの近距離レーダーと計7つのレーダーと1対のカメラ。

コレだけのセンサーを登載しているのです。

ベンツCクラスステーションワゴン

後方の遠方から、一番の死角になる左右の斜め後方このレーダーで、死角を解消します。

後ろから当てられる事が少なくなりますね。

前は、遠方のレーダーとカメラが様々なアクティブセイフティを実現します。

さらに、建物の影に隠れた車も発見して知らせてくれる短距離レーダが教えてくれます。

もちろん、狭い所に車庫入れする際に警告を発してくれる超音波センサーもついています。

これを利用して、自動で車庫入れしてくれるのです。

VIA メルセデスベンツ

-自動車
-, ,

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.