広告

自動車

BMWに初のFF車が登場 2シリーズアクティブツアラー

投稿日:

BMWと言えばFRとイメージがあります。

長年、私の乗りたい自動車メーカーの上位に君臨するBMW。

そのBMWに新たにFFが加わる事になりました。

FFつまり、フロントエンジンのフロント駆動車です。

BMW アクティブツアラー

MINIと共用のエンジン

FF化される2シリーズ、アクティブ・ツアラー。

この車の心臓部となるエンジンは、1.5Lのターボと2.0Lターボ。

ヨーロッパでは、ダウンサイジングターボは当たり前です。

アクティブ・ツアラーもダウンサイジングターボの1.5Lなのです。

このエンジン、どうやらMINIと共用できるように開発されている様なのです。

傘下にあるMINIにもそのまま載せる事ができるので効率的です。

共用の利点は、かなりのコストダウンとなって現れるのではないかと思われますね。

2.0Lディーゼルターボのラインナップ

BMW アクティブツアラー

もう一つ、ヨーロッパ車と言えばディーゼル。

アクティブ・ツアラーにもディーゼルターボが用意されている様子です。

日本では、ディーゼルは燃費も良く、税金も安い訳です。

このガソリンが高い時代には、軽油で走れる車は貴重です。

正式発表になって、価格がわかってからの話ではあるのですが、

BMWでトータル価格競争ができるレベルであると、かなり売れる様に思います。

後部座席が分割すらライド!ファミリーツアラー

BMWアクティブツアラー 後部座席

外観は、ファミリー向けのハッチバック車に見えるのです。

後部座席は、40:20:40に分割されていて、それぞれにスライドします。

背もたれも倒してしまえる様になっていて、ファミリー層がターゲットである様に見るわけです。

ライバルのメルセデスも、ファミリー層をターゲットにしたB-classを発売しています。

BMWも対抗車種は必要でしょう。

このBMW2シリーズアクティブツアラーも、フロントフォルムはBMWその物ってところがいいですね。

BMWはこれでないとって感じがします。

 

憧れの車も、残価設定の新車リースなら乗れるかも??

オリックス自動車の新車カーリースなら頭金0円、月々定額払いで支払いラクラク。国産主要メーカ...

-自動車
-,

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.