広告

自動車

BMW X-5 スーパーGT+のインプレッションで欲しくなってしまった!

投稿日:

BMWX−5が欲しくなりました

BMW X-5

テレビ東京系列で放送されているスーパーGT+でBMW X−5がインプレッションされていました。

BMWのエクステリアデザインが好きな私には、たまらない内容となっていました。

BMWのライトが好きなんですよね。

スモールにしたときがたまらない。

BMWのSUVはSUVでありながら、フロントマスクの印象はBMWって所がいいですね。

しかも、私の好きな位置にフォグランプが搭載されています。

エクステリアで車を選ばない私ですが、BMWは別物ですね。

 

インテリアは更にいい

BMW X-5 inside

インテリアも、結構細かいところで私の触手をくすぐります。

まずもって、これは欲しいと思ったのはHUDです。

ドライビン時のインフォメーションが、インパネの上部に表示されます。

HUDは、コクピットに座っているという感じがすごくするので、欲しくなりますね。

インテリアでは、日本人の心をくすぐりそうなのは、イルミネーション。

アンビエント・ライトと言う車内のイルミネーションが搭載されています。

イメージ的にカスタム車のイメージのあるイルミネーションが、赤と青と白の組み合わせを選択できるようです。

普通、赤なら赤、青なら青なんですが、さすがにBMW上部が青で中間が白下も青と言うように選択できるようです。

個人的には、上部のが白、下部が青の組み合わせがいいなって思います。

BMW X-5 HUD

ディーゼルエンジンがいいらしい

低回転から強いトルクを作り出す3.5Lディーゼルターボエンジン。

インプレッションでは、ディーゼルエンジンも結構高評価でした。

3.5Lというビックサイズでありながら、JC08モードで13.8km/Lと言う燃費。

これは悪くないですね。

ディーゼルで、しかも3.0Lで190PSということを考えると、実用域ではないでしょうか。

もちろん価格も結構な金額です。

ガソリンなんてケチらないと言うものでしょうが、ランニングコストは低いにこしたことはありません。

 

Mスポーツにはパドルシフトが搭載。

スポーツモデルのMスポーツには、パドルシフトやインチ数の大きめのタイヤが搭載されます。

SUVと言えども高速道路は走るし、普段は街乗りでしょう。

運転をしていて楽しいと思える車がいいですよね。

その点、BMWの車は、運転を楽しむことのできるラグジュアリーカーという話です。

 

BMW X-5でスキー場に!泊るのは志賀高原のグランフェニックスがいい。

グランフェニックス

夜9時、車庫に止めてあるX-5のディーゼルエンジンに火を入れる。

車を高速へと走らせる。

空気は程よく冷えてきている。

関西からだと、6時間。

志賀高原までかかるのだ。

しかも、グランフェニックスは、奥志賀。

奥志賀高原のそれも一番奥だ。

酷い時は、雪でいけない事もある。

フェニックスのアウトレットもあるグランフェニックスは、高級感漂うホテル。

木の温もりがある、暖炉の火がゆらめくロビーを目指して高走を走らせる。

低トルクが太いディーゼルは、高速を巡行するのに向いている。

マニアルモードのシフトで、追い越しも軽快だ。

梓川で休憩を取っていると雪が降ってきた。

志賀高原はもうすぐ。

と言っても高速を降りてから、志賀高原に登らないといけない。

標高2000m付近にあるスキー場群は、何時行っても上質の雪が待っている。

しかし、登は険しくSUVでも手こずるほどだ。

BMW自慢の4WDが難所の雪道も超えて奥へ奥へとX-5を進める。

 

なんていう感じで、スキーに行ってみたい!

グランフェニックスに泊りたい!

まっ、その内にねw

 

 

憧れの車も、残価設定の新車リースなら乗れるかも??

オリックス自動車の新車カーリースなら頭金0円、月々定額払いで支払いラクラク。国産主要メーカ...

-自動車
-,

Copyright© 自動車情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.