広告

自動車

スバルフォレスターが何だか欲しくなる標準装備

投稿日:

スバルフォレスター

SUVとしては強すぎるパワーを持ったSUVとして開発されたフォレスター。

どんどん魅力的なSUVになっていきました。

最近では、他のSUVよりもオフロード走破能力を誇れる様になりました。

特に滑りやすい路面を走る時、これ以上ないパフォーマンスを出すSUVです。

個性を活かす時代のSUVスバルフォレスターのこんな所が欲しいって点をご紹介。

もちろんXモード

滑りやすい道を安全に走破する為に必要な性能を秘めたAWDシステム。

それがXモードです。

滑りやすい雪道やアイスバーンだけでなく砂地でもXモードをONするだけで走破が可能です。

スバルが公開している実証映像。

この中で出てくるシーンで凄いのが、砂地とアイスバーンでしょう。

オーストラリアタスマニアで実証された砂丘を走破するシーン。

オーストラリアの砂は非常にサラサラです。


粉雪に勝るとも劣らない。

雪は圧力をかければ固まりますが、砂は固まりません。

本当にスタックしやすい砂丘をどんどん登るスバルフォレスターのAWD。

更に、今度は逆極。

ノルウエーでは、アイスバーンの上にパウダースノーがのった、もっとも滑りやすい路面を高速で駆け抜けるフォレスター。

どんな車でも滑りやすい路面です。

ゲレンデも駆け上っていきます。

シンメトリカルAWD

滑りやすい路面で大切なのは、滑りを検知するAWDシステムですが、それよりも大切なのはバランスです。

車で一番重いのはエンジン。

このエンジンが、直列4気筒などでは横置きになり、バランスが崩れてしまいます。

スバルの水平対抗エンジンは、左右対称にピストンが配置されているため、バランスが崩れない。

さらに、ピストンが横に向いたエンジンは、重いヘッド部分が横に広がっているため、直列4気筒の様に上に重い部分がいきません。

だから、重心が低く、低重心でバランスが良い。

これがシンメトリカルAWDです。

デアイサー&ヒーテッドミラー

ヒーテッドミラー

スバルの車には標準装備になっている雪国仕様が幾つかあります。

まずは、ヒーテッドミラー。

他のメーカーでは寒冷地仕様になっている装備が、スバルでは標準装備です。

ヒーテッドミラーの便利さは、使ってみればわかります。

サイドミラーの曇りとは永遠におさらば。

さらに、雨の日の水滴も防止できます。

雪の日に煩わし雪下ろし。

フロントガラスの雪を下ろしても、ワイパーが凍っていて前が見えない。

そんな事もスバルの車にはありません。

ワイパーデアイサーが搭載されているので、ワイパーが凍るのを防止してくれます。

おっと思う装備

リアゲートフック

以外にこれいいって思ったのは、リアゲートフック。

リアゲートを空けると使用可能になるフックです。

このフックにスキーウエアー何かを引っ掛ける事ができます。

これは使い勝手が結構あるので、おって思いましたね。

 

各社個性が出るSUV市場。

個性で欲しくなる車が多いですね。

-自動車
-,

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.