広告

自動車

なんだか周りで人気の軽自動車スズキのハスラーは雪国にはもってこいの軽自動車だった

投稿日:

私の周りで人気の車があります。

しかも、軽自動車。

それが、スズキのハスラーなんです。

田舎に住んでいると、一人一台があたりまえ。

もちろん、普通乗用車を維持するのは大変ですので、軽自動車に乗っている人が多い。

そんな軽自動車の中で最近人気急上昇中がハスラーなのです。

私の周りでも、何人か欲しいと言っています。

型から外れたスタイリングが人気の秘密?

ハスラー

ハスラーのデザインは、オシャレってわけでなないですよね。

スタイリッシュって訳でもない。

でも、考えて下さい。

ワゴンRが出て以来、軽自動車はワゴンブームが続いています。

最近では、タントから始まった、後部座席スライドドアブームです。

これらの車、見た目に変化が付きにくい。

みんな同じ車に見えます。

ところがハスラーは、一目でハスラーとわかります。

色も選べるハスラーは、駐車場でも自分の車だと直ぐにわかるのです。

タコメーターが無い?

このハスラー、内装はシンプルになっています。

スピードメーターが1つだけのシンプルインパネです。

スピードメーターがあれば事足りる。

その通りですが、タコメーター無いと淋しいなって思います。

でも、説明をよく読むと、下のインフォメーション液晶は、平均燃費、航続可能距離、タコメーター、エコスコアに切り替えて使用するようです。

少し淋しいな。

ハスラー

軽自動車とは思えない充実の装備

最近の軽自動車は、普通乗用車以上の装備をする事ができます。

内装も、コンパクトカーよりラグジュアリーになっているのです。

快適すぎて、軽でもいいかって思ってしまいます。

今回のハスラーの装備で注目は、走りの面でのオプション。

雪道やラフロードの走行性能を意識した作りになっています。

Aタイプ以外のCVT車に搭載されています。

ヒルディセントコントロール(4WD)

坂道を降りる時にアシストしてくれる機能です。

スバルのフォレスターなんかにもついていて、話題ですね。

滑りやすい坂道で一定速度で坂道を降りてくれます。

グリップコントロール(4WD)

所謂、トラクションコントロールです。

雪道等の滑りやすい路面で、車がトラクションをコントロールして発進をサポートしてくれます。

レーダーブレーキアシスト

ハスラーだけの機能ではないです。

最近スズキもダイハツに続いて軽自動車に搭載した衝突防止アシスト機能です。

レーダーで障害物を検知してブレーキアシストしてくれます。

ESP

各社名前は違いますが、アクティブヨーコントロールです。

回転方向のを検知して、各タイヤの滑りを感知して、車がトラクションを制御します。

これが軽自動車につくのが凄いですね。

EBD付き4輪ABS+ブレーキアシスト(全車)

ブレーキをかけた時にロックしてしまう事を防ぐABS。

ABSは今、軽自動車でも結構搭載されています。

しかし、4輪の滑りを感知して電子制御で適正配分してくれるEBDは安全に寄与するしますよね。

ブレーキアシストは正直軽自動車にいるのか?って思ったりもします。

でも、女性の乗る事も多い軽自動車ですから、必要でしょうかね。

 

雪国に最適の軽自動車

雪国で一番重宝する車は、4WDの軽自動車です。

雪で走れる幅が狭くなった道も走れます。

ノーマルタイヤで走れなくなって路上でスタックした車の間もぬって走れます。

軽自動車に雪国で役立つ装備を満載したハスラーは雪国に最適な交通手段の様に思います。

これまでは、雪国最強の交通手段はジムニーでした。

ハスラーは車高も高く、余分なエアロパーツが付いていないので、深雪をラッセルする事もできそうです。

これは雪国最強の交通手段になりそうです。

これ見ると、欲しくなってしまします。

通勤用に欲しいなw

-自動車
-,

Copyright© 自動車情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.