日常の気になる情報を検証独自の視点んで解説お届け!

広告

自動車

軽自動車税増税!本当にお得なのはどっち?軽自動車は新古車を狙え!

投稿日:

軽自動車税が1.5倍に増税

軽自動車の税金が増税になる事となった。

現在の軽自動車税の1.5倍。

10,800円の軽自動車税がかかる。

安いから乗るのか、軽自動車

 

 

軽自動車は、最近高性能で、ゴージャスな内装となっています。

装備もコンパクトカーと変わるどころか、コンパクトカー以上の装備となっています。

コンパクトカーが、個性を無くしているにも関わらず、軽自動車は車種も大幅に増え、個性が満載となっています。

正直、買いたいと思うリッターカーはありませんが、軽自動車にはあります。

費用が安いから需要がある→需要があるから種類が増える→魅力的な車が出来る→魅力的な車があるから需要が出る。

いい循環ができています。

この循環の大元は軽自動車税の安さである事は間違いないですよね。

小さな車は街中では重宝します。

私も、通勤用に軽自動車に乗っています。

軽自動車は便利です。

費用が安いだけで軽自動車に乗っている訳ではありませんね。

本当のお金持ちは、自分が運転用に軽自動車を持っているって言います。

大きな車は運転手さんに運転してもらうそうです。

 

リッターカーと軽自動車どちらがいいか?

 

 

大きな問題となるのは、リッターカーと軽自動車はどちらがお得かって事です。

軽自動車と、普通車の税金の違いは22,300円。

結構大きな違いですが、販売価格は軽自動車の方が高い場合が多く、トータルで見た時に軽自動車がお得と一概に言えません。

値引きは、リッターカーの方が大きい場合もあります。

燃費は、リッターカーもかなりの低燃費となっているため、軽自動車の方が悪い場合もあるでしょう。

エンジンの余裕があるので、リッターカーの方が乗り心地はいいかもしれませんね。

 

なぜリッターカーは個性が無くなるのか

自動車税を見てみると驚く事があります。

自動車税には、自家用乗用車と事業用乗用車に分けられています。

自家用乗用車の税金が、現行軽自動車が7,200円であるところ、1リッター以下の自動車が29,500円と3倍以上の開きがあります。

一方、事業用乗用車は、現行軽自動車が5,500円で、1リッター以下の自動車が7500円と差が2,000円しか違いがありません。

この程度の差であれば、リッターカーで運用しようと思うのも道理ですね。

事業用にはリッターカーが売れる訳です。

どうしてもリッターカーは事業用途のラインナップになってしまいますね。

この事が、個性を消す要因になっていると思います。

 

軽自動車は新古車を狙え!

 

軽自動車は、値引きが少ないですよね。

交渉しても5万円値段を引いてもらうのに四苦八苦です。

高級車に比べて、利益幅の低い軽自動車は、値引きも低いのは当たり前です。

では、軽自動車を安く買うにはどうしたらいいでしょう?

軽自動車は、普通自動車に比べて、新古車が流通する率が高いようです。

事情はわかりません。

普通自動車は、陸運局に届け出するのではないって所に事情があるかもしれません。

この新古車は、結構安値で取引されているようです。

売れ残って、不良在庫で持ち続けるより、原価で売ってしまった方がいいって事でしょうね。

この様な新古車を扱っている自販店が、探せば近くにもあるはずです。

中古程型が古い訳でなく、車検が1年ほど少ない軽自動車がお安く手に入りますよ。

 

 

【送料無料】ブリヂストン ブリザック DM-V1 235/55R19 101R

【送料無料】ブリヂストン ブリザック DM-V1 235/55R19 101R

-自動車
-,

Copyright© BATOるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.