広告

自動車

スバルレヴォーグのサイズは扱いやすそう

投稿日:

Auto Proveの動画をもう1本ご紹介。

こちらは、スバルレヴォーグのインプレッション動画です。

スバルスターズの吉田美香子さんが紹介してくれます。

吉田さんが立っている状態から、レボーグのサイズがわかりますね。

スキーに行く際思う事。

全てのスキー場が整備されているとは限らないという事です。

志賀高原などは整備されていますが、白馬方面は結構狭い住宅街の中を通って行かないと到着しない場合があります。

あまり大きなサイズの車だと生きにくいですね。

兵庫県のスキー場なんて、民宿街を通るのには大きなSUVは不向きです。

初代レガシーの様に、5ナンバーサイズの車が一番行きやすいのです。

スバルスターズ、新宿のショールーム勤務の吉田美香子さんがご紹介

レヴォーグ with スバルスターズ

普段は新宿のショールームに居ると言う吉田美香子さんがご紹介してくれます。

吉田さんはスタイル抜群ですが、170cm以上身長があると言うわけでもなさそうです。

と言う事は、このサイズがどれぐらいかわかりますね。

一番大きくなったインプレッササイズなのでしょうか。

気になるinside view

レヴォーグ with スバルスターズ

コクピットに座るとこんな感じです。

大きく情報にインフォメーションがあるのは、フォレスター以降同じですね。

 

レヴォーグ with スバルスターズ

インパネも、格好良く始動します。

普段は、ブラックアウトしていますので、エンジンを始動すると点灯します。

レヴォーグ with スバルスターズ

ナビとは別に設置されたインフォメーション。

私は、こういったインフォメーションが大好きです。

刻々と変わる車の状況をインフォメーションに表示してくれると嬉しいんです。

操縦してるって感じになりますね。

レヴォーグ with スバルスターズ

 

最後に、以外と大きいサブトランク。

仕切り板も取り付けられます。

いつも車でスキーに行く私としては、毎回スキーに持って行く道具は車に入れておく場合があります。

もちろん、メンテの必要なスキー板などの滑るための道具ではありませんよ。

メンテナンス用の道具とかです。

仕切れるサブトランクがあると収納が楽ですね。

あっ、インラインスケートも常時車に積んであるので、サブトランクに入れとけると嬉しいですね。

Auto Proveの動画

-自動車
-

Copyright© 自動車情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.