日常の気になる情報を検証独自の視点んで解説お届け!

広告

自動車

スバル レヴォーグ!このサイズのワゴンはイイ!

投稿日:

スバルの水平対抗エンジンは進化している。

私がレバシーに乗っていた頃の水平対抗エンジンボクサーはうるさかった。

独特のボクサーサウンドを響かせていた物だった。

もちろん、それが良かったという面はある。

進化した水平対抗エンジンは静かです。

1.6Lのエンジンとなると更に静かなのかが気になるところですね。

レヴォーグをディーラーで見てきた

スバル レヴォーグ

スバルの各営業所にレヴォーグの展示車が登場しました。

今回は、スバルの営業所にレヴォーグを見に行ってきました。

前から見たレヴォーグは、かなり曲線がいい感じになっています。

思った以上に前からのラインはカッコいいですね。

この車で高速道路を走りたいって思ってしまいますね。

大きすぎ無いスポーツワゴンレヴォーグの大きさがいい

スバル レヴォーグ

見る前より見て思うのは、かなりコンパクト。

大きすぎないこのサイズの車は乗りやすい訳です。

街中を走っても、ワインディングロードを走っても、特にスキー場への雪道を走る時に大きすぎないサイズは走りやすいのです。

でも、小さすぎるとスキー用のかさばる荷物が積めません。

だから、大きすぎず小さすぎないスポーツワゴンは、スキー用にもってこいなのです。

ラゲッジスペースもレガシーゆずりの広さ

スバル レヴォーグ

ラゲッジスペースは、レガシーの頃から広さが自慢でした。

スキー以外だと、4人分の荷物を丸々乗せる事ができました。

スキーは上に乗せるしか無いですけどねw

レヴォーグのラゲッジスペースには、サブトランクもあります。

サブトランクも結構収納できて、様々な荷物を収納する事ができそうです。

スバル レヴォーグ

雪道最強伝説

スバルの水平対抗エンジンは、静粛性と共に、旋回性能を追及できるエンジンです。

普通、インラインエンジンもV型エンジンも、シリンダーヘッドが上を向いているわけです。

重いシリンダーヘッドが上下するとその度に重心が変わってしまいます。

しかし、水平対抗エンジンはシリンダーヘッドが横方向に移動しているため、重心の立て移動が起らない。

これって思っている以上に滑る路面での旋回性能を向上させます。

振動をお互いのシリンダーヘッドで打ち消し合う方向に圧縮するため振動も少なくできます。

重心も低いため、雪道での挙動が安定しているのです。

スバルの車は、思っている以上に乗ってみると雪道で安定しているのです。

-自動車
-,

Copyright© BATOるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.