広告

自動車

どことなくロボコップの雰囲気LEXUS NX

投稿日:

LEXUSのクロスオーバーSUV NX

クロスオーバーSUVは、少しづつ需要が増えている様に思えます。

メルセデス・ベンツもGLA-classを発表しているし、BMWもXシリーズを持っています。

速くて、カッコいいSUVは、シティユースにもうってつけです。

LEXUS NX outside

VIA LEXUS NX

そんな中で登場するのがLEXUS NX。

どことなくロボコップを思わせるスタイリングですが、セダンより直線と曲線の組み合わせがあっている様な気がします。

このロボコップ・・じゃなくNXは、ゴージャスと走りを両立したSUVになりそうです。

直噴ターボをで238PS

エンジンは、LEXUSで初となる2.0L直噴ターボをを搭載。

238PSのパワーはSUVとは思えない加速をもたらしそうです。

トルクは35.7kgmです。

2.5LハイブリッドはE-Fourモデルもあり

ハイブリッドモデルもあります。

ハイブリッドモデルは、2.5L+モーター。

こちらの4WDはE-Fourを搭載しています。

E-Fourと言う事は、2モーターです。

後輪はモーターで駆動、路面の状況によりモータートルクを利用して、逆方向の力を加えるバネ上制振制御を行います。

タッチパッドで情報を操作

LEXUS NX inside

VIA LEXUS NX

高級車と言われる各社は、それぞれにヒューマンインターフェースを強化しています。

LEXUSはタッチパッドを搭載しています。

インフォメーションパネル等の表示切り替えや、インフォメーションの取り出しには、タッチパッドで切り替えて使います。

HUDは見やすそう

LEXUS NX HUD

VIA LEXUS NX

何度も話題に出しますが、ヘッドアップディズプレイは注目しています。

目線を外す事無くインフォメーションが取り出せるHUDは、疲れ予防ににもなります。

なんだったら、歩いている人だとか、前を行く車、対向車をロックオンしてくれても良いくらいです。

LEXUS NXに搭載されているHUDは非常に視認性に優れている様に見えます。

オーディオや、様々なインフォメーションを表示する事も可能です。

LEXUS NX hud

 

VIA LEXUS NX

Adaptive Variable Suspension system = AVSが注目

F1でアクティブサスペンションが話題になった時期がありました。

一般車にもアクティブに挙動を抑えるシステムが採用されつつあるのです。

LEXUSのAVSは、ドライビングと乗り心地の両方を満足するシステムです。

ハンドリングを上げれば乗り心地が犠牲になる。

乗り心地を向上するとハンドリングが犠牲になります。

AVSは、コンピュータ制御で4輪をトータル制御する事で、乗り心地とハンドリングを両立させるシステムです。

LEXUS NX LED

VIA LEXUS NX

-自動車
-,

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.