広告

自動車

MAZDA MPVを400km運転してわかった3つのこと

投稿日:

No Second Lifeブログ合宿セミナーに友人のMPVで参加

マツダ MPV

私は、自分の愛車ヴォクシーで時々ロングドライブします。

しかし、他の車でロングドライブする機会は少ないのです。

今回、神奈川県三浦半島でおこなわれたNo Second Lifeセミナー参加しました。

このセミナーに、友人のMPVで乗り付けることとなったのです。

もちろん、友人一人に運転させるわけにはいきません。

私も400km弱運転させて頂きました。

運転してみて思ったMPV

1.マツダ MPVは以外に室内が広い

車高が低いミニバンであるMPV。

室内が狭いのではないの?

車高が高いヴォクシーに乗る私から見ると、そんな印象がありました。

しかし、実際に乗ってみると以外に広い。

もちろん、快適です。

なぜ快適なのかと理由を探してみました。

理由の一つに挙げられるのは、シートピッチの広さでしょうか。

折りたたみ式の3列目シートは仕方ないとします。

その分助手席や2列目のシートは広く感じます。

身長176cm日本人として低いほうでない身長とすらっと長い足を持つ私(突っ込みどころですw)

そんな私が乗っても、足元に狭さを感じません。

もちろん、車高が低い分、天井は私のヴォクシーより低いのです。

ただ、それほど天井を感じるほどでもない。

しいて言うなら、車内で座席を移る際に頭を打つという程度です。

この室内の感じは、思った以上に好印象です。

2.マツダ MPVは以外に高速道路の燃費がいい

今回一番驚いたののは燃費。

スペック表には、JC08モードで11km/Lとなっています。

ところが、行きの高速道路だけの数値を見ると14km/L近い数字がでました。

帰りは少し踏み込んだ(私が飛ばしましたw)こともあり、12km/L。

思っていたよりも断然いい数字です。

やはり、ディーゼルが待ち遠しいですね。

3.マツダ MPVは風の影響をうけにくい

車高が低い利点は何か。

それは、ロールの少なさと、風の影響を受けないこと。

ハイトなミニバンは、風の影響をまともにうけます。

それに比べ、車高が低めのミニバンは風の影響が比較的少ない。

エスティマやMPV、オデッセイ、エクシーガなどでしょうか。

試乗では、これらの車に乗ったことがあっても、高速道路を走っての体感は初めて。

結構風が強かったにも関わらず、横に振られることも少ない。

正面からの風きり音も少なく感じました。

まとめ

思っている以上に乗りやすいことのわかったMPV。

乗りやすいという印象です。

決して燃費も悪くありません。

(街乗りは悪いそうです。)

これで、ディーゼルが登場すれば、次期我が家の車候補に上がること間違い無しです。

憧れの車も、残価設定の新車リースなら乗れるかも??

オリックス自動車の新車カーリースなら頭金0円、月々定額払いで支払いラクラク。国産主要メーカ...

-自動車
-,

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.