広告

自動車

MINIのディーゼルにSD登場 MINI COOPER D & SD

投稿日:

BMW 傘下になったMINI。

MINIのディーゼルモデルにSの登場です。

MINIにディーゼルが設定があると言う事は、それほどヨーロッパではディーゼルが人気という事だと思います。

排ガスの問題や、振動の問題を解決できれば、ディーゼルエンジンはトルクが太く乗りやすいエンジンです。

街中にいく時に太いトルクで回転を上げなくても加速していきます。

MINI COOPER Dのディーゼルエンジンのパワーは117PS、トルクは27.5kgm

ミニ クーパーディーゼル

MINIのディーゼルは、どうやら2種類あるようです。

と言っても、私の英語力では今ひとつはっきりとわかりません。

ただ、スペック表を見る限り、DとSDが存在する。

SはMINI COOPER Sの事。

その後ろにDがついてディーゼルを表しています。

Dの方がスペックは小さい様で、117PSで、トルクは27.5kgmと換算したらなりました。

あの車体に27.5kgmのトルクは十分すぎるスペックに思えます。

MINI COOPER SDは、170PS、トルクは36.7kgm

ミニ クーパーディーゼル

スポーツタイプのSにもディーゼルの設定をおこなうのがMINIのいいところでしょうか。

こちらは、170PSで、トルクが36.7kgmとかなりのトルクとなっています。

このトルクって、信号ダッシュで最強じゃないですか?

燃料代金が高くなった現在、少しでも燃料費を抑えるためにディーゼルに注目しています。

MINIのディーゼルって結構魅力的じゃないかって思っています。

-自動車
-

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.