広告

自動車

今乗っているヴォクシー点検時にプリウスαを薦められた件

投稿日:

今回、愛車ヴォクシーの点検に行ってきました。

そろそろ、かなりの年月をヴォクシーと共にしておりますゆえに、買い替えを薦められました。

その時候補に上がるのは、もちろん新型ヴォクシーです。

ヴェルファイアーと言う選択肢も無いわけではないのですが、大きすぎるミニバンは、妻がウンといいません。

そして、もう一つ、プリウスαを薦められたのです。

もともと、車高の高いミニバンは、実質燃費が悪いんじゃないの?って事を聞いてみたらプリウスα薦められたと言う、ただそれだけの事です。

プリウスに、今ひとつ興味がなかった私ですが、薦められたので検討してみたのです。

今回、結構辛口で書きますが、それは真剣に検討したからですのでお許しください。

プリウスα

4WDが無いと言う問題点

まずもって引っ掛かってくるのが4WDが無いという点。

燃費を考えるとハイブリッドを検討に上げるのですが、トヨタのハイブリッドには4WDが無い。

もちろん、アルファード、ヴェルファイアー、エスティマ、ハリアーなどは、ハイブリッド=4WDです。

それは、重い車体をモーターで動かそうとする時に、後輪モーターが必要だったと言う理由です。

これらの車は、大きいので妻の許可がおりないため、却下です。

しかし、それ以下のハイブリッドには4WDがありません。

ウインタースポーツをこよなく愛している私です。

雪道を走行する時に4WDは心強い味方になります。

4WDが欲しい!ここがネックになります。

7人乗りが20万も高い

プリウスα

ミニバンに乗る理由は様々です。

スライドドアが使いやすかった。

小さい子供を持っていると、スライドドアが使いやすい事は、お子さんをお持ちの方ならわかってくれると思います。

その他に、5人以上乗れるって事も上げられます。

4人家族に、たまにはジジババが乗ります。

7人乗れるのが便利なのです。

すると、5人乗りのプリウスαより20万ほど高くなります。

この20万は高い様な気がします。

しかも、ヴォクシーに比べても20万以上高いのです。

それじゃ、ヴォクシーでも良いかって思ってしまいます。

もちろん、燃費は大分落ちてしまいますが・・・

トヨタでは珍しいリチュウムイオンバッテリーの7人乗り

プリウスαの7人乗りですが、トヨタでは珍しいリチュウムイオンバッテリーを搭載しています。

トヨタでリチュウムイオンバッテリーを搭載しているのは、プリウスPHVと7人乗りのプリウスαです。

7人乗りと言う事もあって、スペースにゆとりが無い事が、リチュウムイオンバッテリーになった理由の様です。

なぜ、トヨタはニッケル水素電池を使うのか?

ココで、疑問が浮かびます。

他社が、リチュウムイオンバッテリーでハイブリッドを作っているのに、トヨタはニッケル水素なのかって。

リチュウムイオンバッテリーの安全性が劣るからって答えはプリウスPHVにもプリウスα7人乗りにも使用しているので理由にはなりません。

となると全てはコストでしょう。

流石にトヨタ、コストには敏感です。

ニッケル水素電池を使っているのに、ホンダなどのリチュウムイオン電池装備車よりも高い。

ちょっと儲け過ぎって思ってしまいますよね。

 

-自動車
-,

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.