広告

自動車

プリウスに乗ってみた

投稿日:

予想と違ったプリウスのハイブリッド

ちょっと訳ありで、プリウスに1種間ぐらい乗る事になりました。

早速、予定していた遠出に出かける事になったのです。

長距離でハイブリッドに乗るのは初めて。

しかも高速道路を走ります。

プリウス

これはいろいろと調べてみなければってかなり懐疑的に乗ってみました。

トヨタのハイブリッドはエンジンの美味しい所を使うシステム

ハイブリットのエンジンの回り方と、モーターの使用方法を見ていると、ハイブリットのシステムが、自分の考えていたものと違うとわかりました。

あまりにバッテリーの容量が小さいのです。

少し走ると、すぐにバッテリーが充電されます。

プリウス

その逆に、少しでもコンビニで止まってエアコンを使用すると、すぐにバッテリーが無くなります。

もっと、バッテリーをフルに使ってエンジンを回さないで走るシステムかと思ってました。

ところが、トヨタのハイブリットは、エンジンが一番燃費のいい所を常に使うシステムなんですね。

だから、バッテリーは小さくても大丈夫なんです。

すぐ貯めてすぐ使う。

車を走らせる基本はエンジン。

加速時にはエンジンが回ります。

しかし、パワーが不足していると、普通はエンジンの回転数を上げてパワーを増します。

ところがハイブリットでは、モーターでパワーをアシストします。

エンジンの回転数はできるだけ上げず、モーターでアシストするのです。

モーターはもちろん回生エネルギーを貯めたものです。

燃費は、私の通勤に使う田舎道で30km/Lに到達しました。

走りもいいですし、車自体を非常に気に入りました。

ここが今一プリウス

走りは気に入ったプリウス。

でも、少し不満があります。

それは、ドリンクホルダー。

プリウス

プリウスのドリンクホルダーは、ペットボトルしか考えてないかの様な作りになっています。

スタバのカップも、コンビニコーヒーのカップも入ったら取れない。

いや、取れないのではなく、取りにくいのです。

もう少し、どんなカップでも使用できるホルダーにして欲しいものです。

PHVがやっぱりいいかも

ハイブリットが結構気に入ったのですが、プラグインだったらもっといい。

そう思うのです。

プラグインなら、通常近くを走るのにはEVとして走れます。

一番燃費効率の悪い所をEVとして使える。

魅力的ではありませんか。

-自動車
-,

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.