広告

自動車

【試乗】日産ルークス ハイウェイスター

投稿日:

これが軽?日産ルークスの驚きの室内

最近の軽自動車の室内は充実しています。

普通乗用車より充実しているのではないかと思われる程の室内環境です。

ルークスは、何と言ってもオートエアコンのタッチパネルが美しく光っています。

オートエアコンは私にとっては必需品。

日産ルークス

常にエアコンONで走っているため、マニュアルだと寒とか、暑つとかで調整しないと行けません。

オートエアコンはそんな手間が無いので嬉しいのです。

回生エネルギー利用バッテリーアシストシステムで快適走行

スズキのエネチャージは、宣伝の効果もあって知名度が高いですよね。

しかし、日産・三菱連合にもエネチャージに近いシステムが存在しています。

バッテリーアシストシステム。

日産ルークス

回生エネルギーを利用することでオルタネーターをエンジンで回さずに充電できます。

昔は、エアコンの効率も、オルタネーターの効率も悪かったので、エアコン止めて「ターボ始動!」とかバカなことを言ってたものです。

そのぐらいエアコンを止めるとオルタネーターを回さなくて良くなるため、走りが伸びるのです。

バッテリーアシストシステムを登載すると、このエアコンを止めた状態を常にできます。

だから、エンジンに余裕ができ、キビキビ走るのです。

フロントガラスが遠くいのが逆に見やすい

ルークスに乗ってわかることは、今までの軽自動車と違う運転感です。

フロントガラスが遠いのです。

天井も高い。

試乗した日は雨でした。

雨でワイパーを動かしているのにワイパーが気にならない。

フロントガラスが遠いので、ワイパーも遠いのです。

だから、気にならない。

不思議な乗り心地です。

Aピラーとフロントガラスの間が広いため、視界も広く感じます。

もちろん、フロントガラスの横には柱があるのですがねw

これは、軽自動車と言う感じがしない車に仕上がっています。

このデザインで、キューブとか作って欲しいなって思います。

ROOXハイウェイスターは視認性のいいファインビジョンメーターを登載しています。

日産ルークス

トヨタで言うところのオプティトロンメーターです。

これって、高級車の装備でしたよねw

-自動車
-,

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.