日常の気になる情報を検証独自の視点んで解説お届け!

広告

自動車

日産スカイラインのドライビング・バイ・ワイヤが凄いらしい

投稿日:

ドライビング・バイ・ワイヤ

スカイライン

ドライビング・バイ・ワイヤ。

自動車では、アクセルを踏むと、踏んだ力で、エンジンの中の弁に繋がった棒が引っ張られ、弁を開きます。

開くと、燃料の供給や空気の供給が増えて、爆発力が増えて馬力も回転数も上がります。

ブレーキも、ブレーキを踏んだ力で、引っ張られたワイヤーや鉄の棒などを伝わって、ブレーキパッドを狭めます。

この様に、人間が出した力を実際に利用するのが今までの自動車の仕組みでした。

ドライビング・バイ・ワイヤは、人間の力を一旦電気信号に変換して、電気的な力、油圧やモーターなどがブレーキをかけたり、弁を開いたりするシステムです。

機械的なつながりが無いので、コンピューターで制御がしやすい利点があります。

このバイ・ワイヤのワイヤは、電気の配線の事です。

飛行機等で、フライ・バイ・ワイヤは、戦闘機では当たり前。

旅客機でもずいぶん前から採用されています。

操縦を、機械式の接続をやめて、電気と油圧に変換する。

自動操縦が当たり前の飛行機は、フライ・バイ・ワイヤでなけばダメでしょう。

今の飛行機は、着陸も自動で可能なんです。

今、高級自動車に、ドライビング・バイ・ワイヤが増えてきています。

特に、スカイラインのドライビング・バイ・ワイヤはハンドル操作も機械式をやめて、電気と油圧のシステムになっていると言うのです。

ステア・バイ・ワイヤ

今回、スカイラインで注目されているのは、ステア・バイ・ワイヤ。

ハンドルの操作を電気信号と油圧でおこなうと言うもです。

今まで、アクセル・バイ・ワイヤやブレーキ・バイ・ワイヤは実現済みです。

アクセル・バイ・ワイヤはHONDAのNSXに、ブレーキ・バイ・ワイヤはトヨタのプリウスに搭載されています。

電子制御をおこなう上で一番難しいとされているのがステアリング。

他のシステムが、電源が消失した場合に安全方向になる様に設計する事が容易いです。

何かのトラブルで電源が切れたら、燃料を送るポンプの電源も切れる。

何かのトラブルがあると、ある程度の力でブレーキがかかる。

これは機械的に担保しやすい。

でも、ハンドルは担保し難いですよね。

電源が切れてもハンドルが効かないのは致命的です。

今回のステア・バイ・ワイヤは、機械的なステアリングシャフトも設置。

最低限のハンドル操作を担保しています。

これに、アテーサE-TS(電子制御トルクスプリット4WD)が加わると!

スカイラインは、電子制御ユニットが3つついています。

3つの制御ユニットが、お互いに故障がおこっていないかを監視しています。

この様なセーフティが多重に施されていて初めてできるシステムですね。

ドライビング・バイ・ワイヤは、速度とステアリングの切り角などを最適に調整してくれます。

さらに、日産お得意の4WDシステム、アテーサが加わると、どの様なコンディションの道も、安全に走行する事ができる。

自家用車の目指す所は安全ですね。

-自動車
-

Copyright© BATOるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.