広告

自動車

スズキが開発している小型ディーゼルエンジンって国内販売はないの?

投稿日:

スズキが開発する0.8Lディーゼル

スズキの0.8Lディーゼルの記事

 

VIA Response

Responseにスズキの0.8Lディーゼルの記事が掲載されていました。

実は、このディーゼルは、インドの市場向けにスズキがフィアットから調達したもの。

2気筒のディーゼルターボ。

2気筒って事で、かなりの振動は避けられない模様。

自動車先進国に持って行くには改良が必要という事だ。

もともと2気筒は、バイク等では使いやすいエンジンとして乗られている。

インライン4の様に高回転にしなくてもよく、トルクフルで実用域での取り回しが良い。

もちろん、同じ排気量ならって話です。

ディーゼルエンジンは燃費を向上させやすい。

ツインエンジンのバイクの様に少し振動があるが味のある車であるなら需要はありそう。

もちろん、燃費が良くなくては話になりませんが。

今の燃料高騰状態では魅力的に写る。

ガソリンであるなら、軽自動車のエンジンは殆どが3気筒。

3気筒も振動面では不利。

しかし、実用域に持ってくる技術をスズキは持っているはず。

軽自動車の企画が変わると言う話もあり、実用域に持ってきた燃費重視のディーゼル車ってのも見てみたい。

インドだけでなく、日本でも乗れそうな低燃費ディーゼル軽って欲しい様な気がする。

-自動車
-,

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.