広告

自動車

FCVをいち早く売り出すトヨタの戦略

投稿日:

燃料電池車はトヨタというイメージをつけろ!

トヨタが発表したFCVは水素で電気を発電してモーターを駆動させて走る燃料電池車。

水素が酸素と反応するときに発生する電子。

この電子を取り出し電流にするわけで、排出されるのは水のみと非常にクリーンなエネルギーだ。

しかも、水素は電源さえあれば無限に近く作れるので、今後の燃料を考える上で必修といえるのです。

ただ、安全性の面ではまだまだ課題もあります。

水素を供給するシステムにも投資が必要。

さらに、アメリカで実用されたシェルガスの影響で、ガソリンが不足せず、安値を続けた場合、まったく燃料電池車が売れない可能性もある。

トヨタ FCV

 

VIA TOYOTA

そんな中でいち早く発売を開始するトヨタ。

販売台数世界一の自動車メーカーだからできる戦略が潜んでいます。

トヨタは、ハイブリッドでも先行して発売。

当初は、ハイブリッドシステム事態の採算は合わない状態だったようです。

売れる台数も少なかった。

しかし、いち早くハイブリッドを売り出したことで、ハイブリッドと言えばトヨタ、ハイブリッドと言えばプリウスとなったわけです。

現在では、売り上げの上位をアクアやプリウスなどのハイブリッド車が占めるようになりました。

今回の燃料電池車も、燃料電池車と言えばトヨタと言われるためには、時期尚早であったとしても売り出す必要があるのでしょう。

ただ、そこはトヨタ。

自動車自体には実用レベルに達していると思われます。

今後の展開は水素ステーション

トヨタが採算を取れるかどうかは、売れて多額の開発費がペイできるかどうか。

その販売の鍵を握るのが水素ステーションの設置状況だろう。

車は、日常で使う目的で購入する人がおおいでしょう。

少なくとも日々燃料が充填できなくては話になりません。

EVの場合は、自宅で充電できるため、近くに充電ステーションが無くても生活の足としては使える。

でも、自宅から採算が合うところに水素ステーションが設けられないと使うことは不可能。

1回の充填を行うのに、何十分もかけて行くことは不可能。

この水素ステーションをどうやって増やしていくかが今後燃料電池車が実用化していくかの鍵であることは間違いない。

そして、水素の1回充填が、どれぐらいの価格になるのかも問題ですね。

-自動車
-, ,

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.