広告

自動車

【大胆予想】トヨタのハイブリッドシステムはキャパシタを採用する!?

投稿日:

トヨタのハイブリッドシステム

トヨタのハイブリッドシステムは、どんどんバッテリー容量が小さくて機能するものに変わりつつあるようです。

プリウスや、新しき発売されたエスクァイアハイブリッドに試乗して見るにつけ思うわけです。

ニッケル水素バッテリーはどんどん小さくなっています。

もちろん、バッテリーの性能アップもあるでしょうが、バッテリー自身の容量が無くても効率を上げることができるシステムになってきているようです。

なぜ、トヨタがニッケル水素バッテリーを採用しているのか。

なぜ、リチウムイオンバッテリーを採用しないのか。

トヨタのディーラーの話では、ニッケル水素バッテリーの劣化が少ないからだという話です。

リチウムイオンバッテリーは、徐々に劣化して、最初の容量がなくなっていく。

しかし、ニッケル水素バッテリーは容量が変化しにくいのだそうです。

トヨタのハイブリッドはキャパシタを採用する!?

この話を聞いて考えたのがキャパシタです。

キャパシタは現在、容量的にはバッテリーに劣るものの、充電効率はバッテリーよりもはるかに効率がいい。

電力を引き出すときの立ち上がりも急激に上げることができます。

トヨタのハイブリッドにはキャパシタがあっている。

これを裏付けるように、ル・マンに出走しているトヨタのレーシングカーはキャパシタを搭載しています。

そう、耐久レースのレーシングカーはすでにハイブリッド化しているのです。

キャパシタの容量でまかなえるハイブリッドであれば、キャパシタは劣化することがありません。

これは、メンテナンスを考えた場合有利です。

しかも、チャイナリスクが無い。

もともと、トヨタがニッケル水素バッテリーにこだわるのは、チャイナリスクが大きいと私は思っています。

ニッケル水素バッテリーなら中国に頼らなくても生産可能です。

良いことが多い。

でも、容量的には現在バッテリーに劣ります。

しかし、トヨタのハイブリッドシステムなら可能なのではないかと思います。

更に、コストを安く、更に軽くすることで、利益も燃費も向上すると思われます。

-自動車
-, ,

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.