日常の気になる情報を検証独自の視点んで解説お届け!

広告

自動車

Volvoにあったディーゼルプラグインハイブリッド,V60 Diesel Plugin Hybrid

投稿日:

日本ではヨーロッパと違いディーゼルよりハイブリッドの傾向が高いですよね。

ヨーロッパではディーゼルは人気ですが、日本では人気がない。

それはイメージの問題でしょうか。

ディーゼルエンジンは、振動が激しい、うるさい、臭いなどのイメージがあります。

少し神経質な日本人はこれらのネガティブ要素を受け入れることが出来ないのかもしれないですね。

ボルボV60プラグインハイブリッド
VIA volvo plugin hybridhttp://www.volvocars.com/uk/campaigns/v60-plugin-hybrid/Pages/default.aspx

実質燃料費で考えるとディーゼルハイブリッド

日本企業のハイブリッドはガソリンエンジンばかりです。

トラックにならディーゼルハイブリッドはあるのですが、普通車にはありませんね。

マツダのディーラーで散々言いました。

ディーゼルハイブリッドを作るべきだと。

さらに、プラグインなら尚良いではないですか。

日本では税金の影響で、軽油の方が安く買うことができます。

もともと、ディーゼルの方が低回転トルクが多い分低燃費に設計できます。

低燃費を更に補うためにハイブリッドにすると、実質燃料費がもっとも安い車が出来るのではないかと素人考えで思うわけです。

値段の安い軽油を燃費のいいディーゼルエンジンで動かして、回生エネルギーをハイブリッドで使う。

リッター30kmのディーゼルハイブリッドなら、実質は35km/L越えの燃費になることでしょう。

ひょっとしたら、低トルクが弱いガソリンエンジンを補うことにハイブリッドの意味があるのかもしれませんが・・・

 

ボルボにあった!ディーゼルプラグインハイブリッドは、日本にも欲しい。

ボルボV60プラグインハイブリッド

VIA Volvo Plugin hybridスペシャルサイト(http://www.volvocars.com/intl/campaigns/hybrid/pages/v60-plugin-hybrid.aspx)

ディーゼルでハイブリッドって無いのかなって探していたのですが、日本にはトラックしかなさそうです。

でも、ヨーロッパにはありました。

ディーゼル人気の高いヨーロッパではディーゼルハイブリッドもあるのですね。

そのディーゼルハイブリッドを作っているのはボルボです。

しかも、プラグインハイブリッドです。

ボルボがヨーロッパ向けに販売しているV60の中にプラグインハイブリッドの仕様があるのです。

V60プラグインハイブリッドは、電気のみで30kmの走行が可能です。

出力は280PS。

なかなかの馬力です。

この使用に、ボルボのAWDがプラスされるので、60マイルに達するのに5.8秒と書かれています。

燃費は、using only 1.8 litres of fuel per 100km. と書かれています。

単純計算すると55km/Lって事になりますね。

これはおそらく、プラグインの充電分を使用しての燃費だと思います。

-自動車
-, ,

Copyright© BATOるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.