広告

飲み会

「海山御坊 玄品ふぐ高槻の関」でフグを堪能!

投稿日:

いやー、フグをこんなに食べたのは生まれて初めてだと思います。
それぐらいのフグづくしを堪能して来ました。

今回、私が参加したイベントは、「オケマリプロデュース第二回特選グルメ堪能ツアー高槻フク専門店編」です。
うっ、少しブログにアップが遅くなっております。
開催は1週間前でしたので、一週間遅れです。

今回、お邪魔したお店は、「海山御坊 玄品ふぐ高槻の関」です。
高槻は、私の住んでいる地域からは結構離れています。
しかし、ふぐちょっと食べたい!
オケマリさんにも合いたいと言う事で、参加して参りました。

神戸では知らない人のいないソーシャルメディアの女王オケマリさんの集客力で、フク専門店を貸し切りです。
凄い、キャンセル待ちまで出てしまうんですから凄すぎます。
貸し切りと言う事もあり、料理もかなりサービスしてもらっています。
最後は食べきる事ができないで残されたてっちりが・・・
もったいない。

ふぐのちらし寿司

最初に出てきたのがこの二品。
フグのちらし寿司って聞いた事が無かった。
もちもちした身に、酢飯が無茶苦茶あいました。

しかし、この後にでてくるであろうフグ料理を考えると、ここでご飯ものは避けておきたいと言う気持ちもありました。
とりあえず、一人分は食べて、次に挑みます!

次がこれ!
中華風の食べ方です。
フグの刺身の上から熱した脂をかけます。
これが絶品!
油とフグがこんなに合うなんて知りませんでした。
無茶苦茶美味い。
鯛で似た様な料理は食べた事ありましたが、問題にならない美味しさ。

隣の席に残っていたフグの刺身全てをこの中に投入して食べました。
ビールが無茶苦茶あって、美味いです。

油をかけるシーンをどうぞ!

この辺りで、既に堪能気味のフグですが、更に続きます。

こちらの盛り合わせ!
テッサに、ふぐわさ!テリーヌ状にゼリー固めされたフグにキムチ漬け。
酒に合います。
まさに酒のあての黄金カルテットです。

まだ、続きますよ!

いよいよ出ました!
フグの唐揚げ。
これはたまりません。
ビールに合い過ぎ。
鳥よりも「モチモチ感」がたまりません。

そして、いよいよあれです。
てっちりです。

固くなりすぎないように、少しづつ鍋に投入しました。
あっ、鍋って言うより紙鍋ですけどね。

このポン酢がまた美味しい。
紅葉おろしも最高です。

閉めはやっぱり雑炊ですね。
この雑炊・・・・・
日本人で良かった。
このこってりや、油物や、いろいろ続いた料理の最後をこのあっさりの中の奥深い旨味がまとめて行きます。
閉めに、こんなの食べるのは日本人だけじゃないですか?
あっさりしていて胃の負担にならないのに、奥深くて味わいがあり美味い。
まさに閉めの代名詞です。

あーっ食べました。
料理編異常です。
その他は、明日書きます。

 

ふぐ刺しフグチリ・とらふぐ刺身とふぐちり鍋セット

-飲み会

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.