日常の気になる情報を検証独自の視点んで解説お届け!

BATOるfield

28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_s

ダイエット

ミス日本代表もやっている小分け食べ

投稿日:

血糖値を上げない。

それが痩せるコツであることは、当サイトを読んでいただければわかっていただけることと思います。

でも、美しく痩せるためには、栄養は摂らないといけません。

ただ痩せるだけでなく、美しく痩せるために、美しくなる人たちがやっているのが小分け食べなんです。
28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_s

ミスユニバース日本代表を世界一にしたトレーナー

昔は考えれませんでしたが、日本人もミスユニバースで優勝する事ができるようになりました。

その裏側に、優勝請負人といわれる名トレーナーがいるのです。

そのトレーナーが推奨している太らない食事のとり方が小分け食べなんです。

小分けに食べると言うよりは、小まめに間食する。

小腹が減ったらナッツなどを食べて、緩やかに血糖値を上げるようにするそうです。

食事の回数は3食でなくていい

私たちは長年食事の回数は1日3回と思い込んできました。

でも、1日3回食べられるようになったのはそんなに昔のことではないようです。

それこそ、昔は2食しか食べられない時代もあったわけです。

ところが今でもフードコートに12時ピッタリに行列を作る人たちが大勢います。

平日なら休憩時間に食事をしないといけない人も多いと思います。

でも、休日のショッピングモールのフードコートは家族連れでいっぱい。

別に少しずらしてもいいはずが、12時に行列ができます。

この思い込みが糖質オフの観点からみて、間違っています。

ミスユニバースの優勝請負が推奨しているように、糖質オフの観点からみても、食事の回数は多いほうがいいのです。

血糖値を見ると、アメリカの調査では、1日3回の食事を摂った人と、同じ量を13回に分けて食べた人とでは、食後の血糖値やインスリンの値が極端に上がらなかったそうです。

食事の回数を増やして、少量ずつ食べたほうが血糖値が上がらないわけです。

血糖値が上がらないということは、太らないということです。

食事のとり方を見直して、楽にダイエットのはいかがでしょうか。

-ダイエット

Copyright© BATOるfield , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.