日常の気になる情報を検証独自の視点んで解説お届け!

BATOるfield

ケトン体ダイエット

ダイエット

炭水化物断食でケトン体を作れ!効率よく脂肪を燃焼させる技!

投稿日:

糖質オフダイエットより効果的。

そんなダイエット法があるって私自身しりませんでした。

それがケトン体ダイエット。

私的には糖質断食と言っていいダイエット法だと思います。

ケトン体ダイエット

糖質断食でケトン体を使える体にして効率よく痩せる

ケトン体って聞いたことありますか。

ケトン体は中性脂肪が分解されてできるエネルギー源なのです。

中性脂肪は、私たちが炭水化物を食べることができなくなった時にエネルギー源にするために蓄えられているわけです。

中性脂肪はそのまま燃えるわけではなく、グリセロールと脂肪酸に分解されて、脂肪酸からケトン体が作られることでエネルギー源として使用できるようになるのです。

ケトン体が作られやすい体は、脂肪を燃やしやすい体です。

ですから、脂肪は貯まらずどんどん消費されていきます。

つまり、太らない、痩せやすい体というわけです。

batofiediet1026006_r

炭水化物を食べている間はケトン体は作られない

ケトン体は、ブドウ糖に比べて10倍以上のエネルギーになります。

農耕ができない動物は、食べ物を食べることのできる時と、食べられない時があります。

食べられるときに食べて、脂肪として蓄えます。

それからの食べられない長い期間を脂肪からケトン体を作り、ケトン体を燃やして生きていくってわけです。

クマが長い冬を冬眠して食事をせずに過ごせるのもケトン体のおかげってわけですね。

人間もケトン体を作りやすい体になれば、脂肪を効率よく使って、痩せやすい体になるはずです。

ところが、ケトン体は炭水化物を食べているうちは作られないのです。

体の中にブドウ糖があって、ブドウ糖を使えている間は利用されないようになっているのです。

我々の体が飢えに備えるため、糖質があるうちは貯えを切り崩さないようにできているんですね。

収入がある内は、貯金に手を付けないって事ですね。

batofiediet1026004_r

糖質断食して、ケトン体を使える体に!

ケトン体が使える体になるためには、食べる量を減らす必要はありません。

断食する必要はないのです。

ただ、体内でブドウ糖に変化する糖質を摂らないように控える。

つまり、糖質だけ断食すればいいわけです。

これまで、私は糖質オフダイエットしてきましたが、糖質オフダイエットから一歩進めて、糖質断食してしまえば、ケトン体を使える体になって、痩せやすくなるってわけです。

糖質を断食すると言っても、実際には食べてOKです。

3食焼肉とかがいいかもしれませんw

でも、これはこれで辛いですよね。

朝は、そーぜーじに目玉焼きとか、厚手のベーコンエッグとか、どうでしょう。

和食だと、納豆に味噌汁に鮭、みそ汁の具はお芋とかは駄目です。

ワカメとか豆腐とがいいと思います。

昼はファミレスへ行って、ステーキ食べましょう。

ランチですが、ステーキ単品で、ポテトは残します。

それで夜は焼肉です。

思いっきり食べ放題店へ行って、ハイボール飲みながら焼肉食べてください。

サラダもポテサラでなければ大丈夫です。

デザートはお預けです。

 

まず、筋肉に蓄えられているグリコーゲンから使われますが、半日ぐらいで消費してしまいますので、1日目からケトン体を使うことになります。

お腹いっぱいだけど、お腹の中の便をスッキリしたら、ポッコリお腹が凹んでいる可能性も高いです。

3日間ほどやれば、結構痩せていると思います。

 

運動しても痩せない日々よさようなら

思い出してください。

カロリー神話の敗残者たちよ!

お茶碗一杯のカロリー消費するために30分以上歩いてくださいとか言われて歩いても痩せなかった日々を。

そら痩せません。

ご飯食べてましたからね。

-ダイエット
-, , , ,

Copyright© BATOるfield , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.