日常の気になる情報を検証独自の視点んで解説お届け!

BATOるfield

血液太り

ダイエット

血液太りなのにダイエットせずに糖質を食べ続けるとこんなに危険!

投稿日:

ダイエットは見た目が太いからやらないといけないわけではありません。

見た目は痩せていても血液が太っていてはダイエットが必要です。

血液太りが招く危険を解説していきます。

batofiediet1024008_r

糖質過多の血液太りが招く危険

血液太りを直して健康な血液を手に入れるためには、ごはんは食べずにおかずだけ食べる食事が正解といえます。

なぜかと言うと、ごはんやパンを控えると、糖質を控えることができるからです。

主食に含まれる糖質を取りすぎていると、結構怖い流れが生まれます。

主食取り過ぎ→血糖値の上昇→肥満→生活習慣病→糖尿病

と言う恐ろしい流れです。

主食を制限して血液太りを改善することは、将来の健康を左右する事につながります。

血液太り

その脂肪(血液太り)は糖質からできている

最近では知られていることとは思いますが、再度言っておきます。

まだまだカロリー信者もいたりしますので、何度でも言います。

糖質を取りすぎると、血糖値が上昇します。

血糖値を上昇させる原因は血液中にブドウ糖が増えるからです。

それを下げようとインスリンが膵臓から追加で分泌されます。

インスリンはどんな働きをするかと言うと、ブドウ糖を筋肉や脂肪、肝臓に取り込むことで血糖値を下げようとするのです。

ブドウ糖は筋肉や肝臓に貯められるのですが、貯められる量が少ないのです。

余ったブドウ糖はどうなるかというと、脂肪細胞に中性脂肪として蓄えられます。

中性脂肪は、インスリンが分泌されると肝臓でブドウ糖を中性脂肪に変化させます。

皮下脂肪が多い人は皮下脂肪に蓄えられて肥満になります。

皮下脂肪に蓄えられないと内臓脂肪に蓄えられるのですが、皮下脂肪ほど蓄えられないので、血液中に中性脂肪が残り、血液太り=高中性脂肪血になってしまいます。

糖尿病になる前に何年も中性脂肪が高い状態が続くはずです。

この間に対処しないと糖尿病になってしまいます。

batofiediet1024004_r

血液太りが生活習慣病を引き寄せる

肥満の人より痩せてる人のほうが生活習慣病の検査で異常値が出たのを見たことありませんか?

マツコ・デラックスさんが血液の数値が正常って話も有名です。

肥満でも血液太りでない人も居るって事ですよね。

血液太りのまま糖質オフの食事をせず、炭水化物を取り続ける。

例えば友人に毎日ラーメンを食べ続けている人が居ますが、炭水化物漬けといってもいい状態ですね。

すると、血糖値がやや高めになります。

こうなると、インスリンが出続けている状態なので、慢性的に疲労が出るようになります。

腎臓の働きが悪くなるので、血管に水分が溜まりやすくなり、血圧が上がります。

高血圧と血液太りは結構関係が深いわけです。

このままの状態を続けると、口が乾いたり、多尿になったり、体重が減少したり、疲労を感じたりするようになります。

このままいくと糖尿病になり、合併症を発症して、糖尿病網膜症や糖尿病腎症、糖尿病精神障害などを発症します。

心筋梗塞や脳卒中も発症して命の危険があるのです。

病気のリスクを減らすには、血液太りを減量するために血液太りのダイエットをするのが一番効果的です。

-ダイエット
-, , , ,

Copyright© BATOるfield , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.