日常の気になる情報を検証独自の視点んで解説お届け!

BATOるfield

自動車

次期フォレスター=VIZIV

投稿日:

フォレスターがハイブリッドに

以前から噂をお伝えしているスバルの新型ハイブリッド。

フォルム的には、ジュネーブモーターショーに出品されたVIZIV。
このヴィジヴをベースに作られるらしい。

Viziv

そして、それが次期フォレスターになるという噂です。

各自動車情報誌にも取り上げられていて、結構確実性が高そう。

スバルと言えばAWD。

私も昔レガシーに乗っていました。

雪道での走行安定性のは抜群。
もちろん、悪路だって自由に走れました。

他のオフロード4WDが苦戦するアイスバーンもレガシーなら大丈夫だった。

その要因はシンメトリーAWD。

左右が対象になっているシステムが、車自体のバランスを良くし、安定性を増すわけです。

シンメトリーAWDも継承するのが次期フォレスター。

3モーターAWDの実力

次期フォレスターが搭載すると言われているのが3モーターのハイブリッドシステム。

前に1モーター、後ろに2モーターのシステム。

後ろのモーターは、左右バラバラに制御されます。

普通、横滑り防止装置などは、ブレーキを利用して回転を抑制しています。

ところが3モーターで、左右を独立で制御できるとなると、
ブレーキを使うマイナス制御だけでなく、
モーターでのプラス制御が可能です。

更に積極的な制御で、スピンなどを起こすこと無く雪道を走れるわけです。

パワートレインは1.6L水平対向エンジン

次期フォレスターに搭載されるのが、1.6Lの水平対向エンジン。
レヴォーグに搭載されているものと同じエンジンです。

もちろん、直噴ターボです。

レヴォーグでは、このパワートレインで十分な加速を得ているわけです。

そのパワートレインにモーターがプラスされる。
どの様な走りになるのか楽しみでなりません。

燃費はその分伸びないとの予想。
しかし、燃費には変えられない魅力があります。
スバルのAWDにしては好燃費の20km/Lと予想されています。

この燃費なら、及第点かな・・・

-自動車
-, ,

Copyright© BATOるfield , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.