駐車場検索アプリ

広告

app 自動車

自動車移動派必修の駐車場検索アプリ2選比較してわかったスゴ技

投稿日:

駐車場検索アプリを2選比べてみたのでご紹介したい。

PPParkとPARK SMARTだ。

自動車移動派には必修のアプリだといえる。

駐車場検索アプリ駐車場検索アプリ

 

自動車で都会に行く時絶対探す駐車場

駐車場検索に結構時間を使っているのは確か。

だって、目的地に素早く到着しても、駐車所を探すのに時間がかかっては意味がない。

もちろん、高い駐車場に停めるのは論外。

さらに、駐車場がなくて泣く泣く帰るなんてありえないでしょ?

 

だから、事前に駐車場を検索するわけだ。

カーナビの駐車場検索機能は、当日現地で探すのには便利だが、

事前に家でルートを決めるのには使えない。

 

今まではどうしていたかというと、

PCの前に座って、検索していた。

よく使うのはタイムズの駐車場検索。

当たり前だが、タイムズしか出てこないので、最安値かどうかはわからない。

 

だから、今回東戸塚の駐車場を利用しようと決めたときやった手はこんな感じ。

まず、グーグルマップで東戸塚周辺を表示する。

周辺検索で駐車場を検索する。

いくつか表示されるので、その場所のストリートビューを表示する。

駐車場には看板が立っているので、その看板をストリートビューで確認するって感じ。

 

確実だが、当日看板が変わっていることもあり、失敗することもある。

ストリートビューの更新頻度はさほど高くないため、写真と実際が違ってしまうってわけだ。

超便利駐車場検索アプリ比較

そんな駐車場検索に超便利なのがスマホアプリ。

上記で紹介したスマホアプリ2点だ。

PPParkとPARK SMARTの二点。

どちらが使いやすいか、今回の東戸塚を検索してみた。

PPPark

PPParkはシンプルで使いやすく見やすいアプリ。

目的の場所を入力すると下のスクショの様にどこが安いか一目でわかる。

駐車場検索アプリ

下に表示されている時間が重要で、ここに使用予定の時間を入れるとその時間で一番安い駐車場を表示してくれる。

なんといっても、一目で1位がどこかわかるので見やすい。

 

使い方も簡単で、左下にある矢印の先のマークをタップ。

すると、地名を入れるテキストボックスが開くので地名を入力。

駐車場検索アプリ

PPParkはGoogle Mapを使用しているようで、見慣れているので使いやすい。

地名に移動するけど、正確な地名を入れないと大体の位置になる。

まだ駐車場は表示されない。

駐車場検索アプリ

 

 

真ん中の十字を目的地まで移動。

虫眼鏡マークのSearchをタップすると駐車場が表示される。

 

使いやすくていいのだが、残念なことに今回使用した駐車場が表示されなかった。

この辺りで最大料金が限定されている駐車場で最安値だっただけに残念。

少し抜けがありそうだ。

 

PARK SMART

機能が豊富な駐車場検索アプリ。

駐車場だけでなく、レストランやガソリンスタンドなども検索できる優れもの!

駐車場検索アプリ

使い方も簡単。

駐車場検索アプリ

上に表示されているテキストボックスに地名を入力。

すると、地名の場所にピンが立つ。

長押しでピンが移動する。

駐車場検索アプリ

虫眼鏡をタップすると駐車場が表示される。

駐車場検索アプリ

表示は、PPParkより少しわかりにくい。

そこで確認してほしいのがこちら。

駐車場検索アプリ

設定をタップ。

駐車場検索アプリ

実は、色と濃さに意味がある。

空き情報も表示されているというわけ。

ただ、どこが一番かわかりにくい。

そこで、下のリストをタップ。

駐車場検索アプリ

近隣の駐車場の料金が安いものから並べたり、距離で並べたりできる。

距離と料金を比較して利用できるのは便利だ。

 

そして、PARK SMARTには、今回使用した周辺最大料金最安値の駐車場が掲載された。

東戸塚での情報量はPARK SMARTが上だったようだ。

駐車場検索アプリを使いこなす技

駐車場検索アプリを使いこなすの技をご紹介。

まっ、技と言ったらおこがましいが、必修技といえると思う。

最近のコインパーキングでは最大料金が設定されていることが多い。

駐車後24時間までの上限料金が設定されているということだ。

これが12時間まで一律料金になる場合や、深夜だけ最大料金が設定されている場合などもある。

厄介なのは、土日祝が最大料金設定がない駐車場や、土日祝だけ最大料金が設定されている駐車場もある。

最大料金が設定されていると思って安心して長時間駐車していると、土日祝対象外だったりして、ドン引きの料金が必要になるので注意したい。

そこで、駐車場検索アプリを使いこなすために、時間設定を使いこなす必要がある。

どちらのアプリも使用する予定の時間帯や使用時間の長さを入力するようになっている。

PPParkの場合

PPParkは下にIN時間とOUT時間が表示されている。

ここをタップすると使用予定時間が設定できる。

駐車場検索アプリ

入庫時間と駐車時間で設定できるようになっている。

使用予定の入庫時間と停めておく予定の時間を入れればOKだ。

上限が設定されているか見る場合は、12時間以上を入力しておけばいいだろう。

駐車場検索アプリ

PARK SMARTの場合

PARK SMARTの場合は、時計のアイコンをタップする。

PPParkの様に表面には表示されていない。

駐車場検索アプリ

こちらも入庫時間と駐車時間を設定するようになっている。

駐車場検索アプリ

どちらの時間も今日から未来に向かって日付指定する必要がある。

その日が日曜なのか土曜なのかはたまた祝日なのかをアプリが判断してくれる。

その日の条件で最安値を教えてくれるので便利だ。

詳細情報画面

どちらも駐車場を選択すると詳細情報を表示可能だ。

駐車場検索アプリ

駐車場検索アプリ

最大料金が設定されているかもこの画面で確認できる。

まとめ

自動車で移動する人にとって、スマホに入れておくと便利なアプリ2選だ。

どちらも無料だから、どちらも入れておけばいいと思う。

見やすさではPPPark。

機能ではPARK SMARTに軍配が上がる。

好みによって使い分ければいいと思う。

-app, 自動車
-, , , , ,

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.