広告

Books

わかりやすい文章を面白く3分間で書く技術

投稿日:

<わかりやすい文章を面白くかくには?

わかりやすく、面白く文章を書く。

文章を書くってかなり難しい作業です。

文字を書いて生計を立てる人達は、私たちの日本では1000年以上前から存在するわけです。

1000年間生き残ってきた物書きって商売が、この先も続いていく事は間違いないですよね。

人にウケる文章を書く技術これは難しい。

 

文章の書き方を、鍋料理に例えてみる

文章を書く事は、料理を作る事に似ています。

例えばお鍋。

お鍋の中に、何でもかんでも突っ込んでいくと、とりあえず食べる事のできる「おなべ」は完成します。

しかし、美味しくない。

何鍋かもわからない。

おまけに、未曽田の、醤油だのでゴチャゴチャに味付けしたら、絶対美味しくないでしょう。

それはなぜか?

やっぱり、醤油味は醤油、みそはみそって味が決まってないと美味しくない、

何食べているかわかりません。

 

文章も同じです。

何を訴えたいのか、何について書かれているのかが定まっていないといけない。

定めないで書くと、わかり難い文章になります。

とりあえず、文章にはなるけど、わかり難い。

 

テーマを一つに決める事が大切ですね。

わかりやすく面白い文章が3分でできる黄金レシピ

1:その文章で何を伝えたいか(料理名を決める)

2:まず書きたい事を箇条書きにしてみる(材料を集めてくる)

3:どういう流れがベストかを考える(手順を考えながら料理)

4:具体例などを入れながら肉付けしていく(味付け)

5:伝わる文章に味付けしていく(スパイス)

意外と、書きたい事を箇条書きにするとかを怠ってますねw

黄金レシピは、ブログで有名なイケダハヤトさんの著書、「武器としての書く技術」からの引用です。

書きたいネタを集めてこないと文章はできません。

その時思った感情で書き始めてしまうのですが、まず箇条書きにしてまとめる。

自分の頭で整理できてない事を、絶対に他人に教える事は無理です

わかりやすく書こうと思ったら、自分が理解していないと書けないのはあたりまえですね。

十分に理解した上でわかりやすく書き、おもしろく味付けしていく。

これがわかりやすく、面白い文章を書く方法です。

 

-Books

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.