広告

カンブリア宮殿から学ぼう

フォトクリエイトはプロの仕事を普通の人に届ける感動ビジネス by カンブリア宮殿

投稿日:

プロのカメラマンをイベントに派遣するフォトクリエイト

 

 

プロに写真を撮ってもらいたいと思った事は無いだろうか。

もちろん、専門分野のプロのカメラマンにって事です。

スポーツをしている姿を、スポーツ専門のカメラマンが撮る。

スナップの専門家が、スナップ写真を撮る。

そんな、プロが撮った写真は、やはり素人の写真とは違うわけです。

素人の撮った写真が何枚あっても、プロの撮った1枚の方がいい。

奇跡の1枚の様な写真が欲しいと思いませんか。

そんな写真を撮ってくれるのがフォトクリエイトです。

様々なイベントにカメラマンを派遣。

お客様は、気に入った1枚を購入すると言ったシステムです。

1260人いるプロのカメラマンが派遣されてきて、奇跡の一枚を撮影してくれるのです。

フォトクリエイトの社長、白砂晃さんが起業し、成功の切っ掛けになった仕事は社交ダンスの大会でした。

着飾って出場する社交ダンスの大会。

出るのも難しい、一世一代の晴れ舞台。

綺麗な写真を撮影してもらえれば、嬉しいに違いありません。

非常に購入意欲の高いお客様が、そこに居た訳ですね。

フォトクリエイトのシステムは、プロの撮った写真を、インターネットで購入すると言うもの。

社交ダンスの写真は2L判で1575円から

スポーツ写真で720円から

スナップ写真だと120円からの低額になります。

それぞれのシュチュエーションで、値段が変わるシステムです。

カメラマンにはランクがあって、一日1万円から4万円までと差がついているようです。

どんな仕事でも、インターネットとの出会いで収益モデルにできることを、フォトクリエイトが教えてくれた

実は、プロのカメラマンは受難の時代。

デジタルカメラ技術は、誰でも綺麗な写真を撮る事を可能にしました。

1眼レフカメラも安くなって、個人でも買えます。

更に、写真週刊誌等が廃刊になる事も多い。

カメラマンの仕事が無くなっているのです。

そんな時代に、インターネットとプロの技術をくっ付けると、そこに需要が存在した訳です。

収入が断たれそうなプロが、収入を得る事のできる環境が整う訳です。

これ、カメラマンだけではありません。

様々なスキルを持ったプロ。

そんなプロが居る事すら知らない人達も、居たらいいなって需要はあるのです。

ただ、知らないだけ。

知っていても、どうやってお願いしたらいいのかがわからない。

そこで、インターネットが、プロの存在を教える。

更に、インターネットを使って受注するシステムも制作できたら。

おそらく、需要は山の様にあるのではないでしょうか。

昔、カメラマンになりたかった

実は小学生の卒業文集には、山岳カメラマンになりたいと書いている私です。

カメラが好きで、写真を撮りたいと思っていた小学生時代。

人より大自然を撮りたいと思っていたのです。

高校に行くと写真部に入部しました。

自分で現像し、プリントする時代。

全ての作業が楽しかったですね。

しかし、それを職業にできるかと言うと、無理かなって諦めていたのです。

食べていくには大変そうだ。

需要が無いだろう。

完全に思い込みでそう思ったのです。

そんな時代から20年以上が過ぎ、インターネットがいろんな人を繋げます。

人と人とを繋げると、そこに何らかの需要が生まれます。

自分が提供できる物があって、他の人がそれを欲しいと思うなら。

そして、相手にできる人の数は、インターネットで無限に広がります。

カメラマンだけでなく、他のプロの技術も、インターネットを使えばマネタイズ可能ではないでしょうか。

インターネットが、集客の常識をひっくり返している現実

人と人とが接点を持つ。

するとそこに差ができるのです。

ある事が、できる人と、できない人。

ある事を、知っている人と、知らない人。

この高低差の間を、お金が流れていく訳です。

人と人との接点を増やせば増やす程、流れるお金の量も変わるのです。

一つの町では必要とする人が居なかった技術や知識も、インターネットを通じて世界の人と接点が持てれば、動くお金も大きくなるのです。

もう一度、自分の周りに目を向ける。

すると、すばらしい技術や知識を自分が持っているかもしれません。

決して万人が欲しい技術や知識ではなくても、100人の人の中に1人欲しいと思う。

だったら、紹介する人を100人から1000人、1000人から10000人と増やす。

増えれば増えた分だけ流れるお金の量も多くなる訳です。

不特定多数の人に紹介する。

インターネットが最も得意とするところですね。

-カンブリア宮殿から学ぼう
-,

Copyright© 自動車情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.