広告

カンブリア宮殿から学ぼう

コーヒーにひかれたのではなく、居心地のいい空間にひかれた

投稿日:

居心地のいい空間を提供する!全ての事業に共通する事

スターバックスの創業者、ハワード・シュルツはイタリアで直感したのです。

それは、イタリアのカフェ。

イタリアでは、カフェが大にぎわい。

そこには、深入りで美味しいエスプレッソと、語らう人々が居た。

楽しそうに語らう人々の笑顔。

ハワード・シュルツは直感したのです。

この空間をアメリカに持ってこようと。

ハワード・シュルツは言います。

深入りのコーヒーにひかれたのではなく、居心地のいい空間にひかれたのだと。

スターバックスは、居心地のいい空間を作り出す事で、アメリカのコーヒースタンドを変革したのです。

そして、世界のコーヒースタンドも。

居心地のいい空間を作る。

簡単に言いますが難しい事です。

私のブログは、居心地のいい空間になっているだろうか?

否ですね。

毎日訪れてもらえるブログは、居心地のいい空間でないといけないと思います。

お客からお金を取るのではなく、関係性を構築する

アメリカのコーヒー店はともかく、日本には上質なコーヒーを出す喫茶店は多くある。

美味しさだけなら、スターバックスよりも美味しい喫茶店もあるだろう。

しかし、日本でもスターバックスは受け入れられ、広まっています。

なぜだろう?

それは、ハワード・シュルツの考え方に現れていると思うのです。

お客からお金を取るのではなく、関係性を構築する。

私の感覚ですが、スターバックスは、オシャレであり、落ち着きのある椅子や空間がある。

でも、一番は入りやすいって事ではないかと思うのです。

他の喫茶店は、クローズな空間に見えます。

丁寧な接客はあるけど、どこか入りにくい敷居を感じます。

常連さんの空間って感じもします。

スターバックはオープンでそう言った所が無い。

気軽に入れるように感じるのです。

スタバとドトールの共通点

スターバックもドトールも、創業者はヨーロッパでヒントを得ています。

ヨーロッパの特にイタリアでしょう。

イタリアのコーヒースタンドの快適さを感じてお店を変えているのです。

創業者がイタリアへ行った時に感じたイタリアのコーヒーショップは、フレンドーリで憩いの空間だったのです。

敷居を低くし、憩いの空間を提供する。

コーヒースタンドは、ここに成功の鍵があったのです。

-カンブリア宮殿から学ぼう
-,

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.