車を下請けに出すときのメリットとデメリット

車を買い替えるときってどんな時でしょうか。
新しい新車を買う場合と、他の中古車を買う場合でしょう。
どちらにしても、今乗っている車を高く売りたいと思うのは当然のことです。
車を高く売りたい人は、今の車を下取りに出すのではなく、買い取り専門店を利用することを考えてみてはいかがでしょうか。
最近では、ネットで素早く便利な一括査定サイトがあります。
簡単に、高く買い取ってくれる買い取り専門業者を探し出してくれます。
なんといっても車の下取りは、低い価格しか提示されない場合が多いです。
下取りのメリットとデメリットを知って、買い取り専門業者も検討してみてはいかがでしょう。

車を下取りに出すメリットは何?

まずもって、車を下取りに出すメリットは、手続きが簡単で手間いらずって事です。
車の手続きってかなり面倒です。
それに、どこに売りに出そうか探すのも面倒なものです。
お店の価格交渉の時に同時に済ますことができるので手間いらずですよね。

もちろん、ディーラ側も新しい車を買ってもらおうと少しぐらいの瑕疵ならなんとかしてくれるでしょう。
ディーラーの営業マンとの信頼関係も築けて、営業マンと親しくなれば買い取り額も上がるかもしれませんね。

車を下取りに出すときのデメリットって何?

では、下取りのデメリットって何でしょうか?
下取りの価格は、買い取り専門店の買い取り価格より低くなりがちです。
マニアが喜ぶカスタマイズやパーツの評価はマイナス評価です。
ところが、カスタマイズは買い取り専門店では高評価の場合もあります。

ディーラーの買い取り価格はマニュアル化されていて、季節要因や需要などを考慮してもらえません。

特に、新しく買う車と違うメーカーの車を下取りに出すと低くなる傾向があるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする