銀座に志かわ名古屋伏見店 水にまでこだわる高級食パン店

中区の新規オープン店

高級生食パン専門店、銀座に志かわの名古屋のお店は伏見にあります。

東京は銀座で行列ができる人気の食パン専門店。

甘くて柔らかい食パンには、材料に対するこだわりが詰まっています。

きんぴらやチーズやワイン、生で食べて美味しいのに、何にでも合う食パン。

銀座に志かわが目指す食パンはそんな食パンの様です。

当サイトで紹介している生食パンのお店の一覧

生食パン新規オープン店一覧
生食パンの最近オープンしたお店、これからオープンするお店の一覧をご紹介します。 乃が美 ル・ミトロン ハレパン ぱん史郎 一本堂

銀座に志かわ名古屋伏見店 お店の特徴

銀座に志かわ名古屋伏見店は、7番目のお店として中区栄に店舗があります。

名古屋一の繁華街である栄。

地下鉄の駅では栄の一つ隣である伏見が1番近くなっています。

この立地、

栄は栄でも、生食パンのライバル店乃が美のすぐ側だそうです。

名古屋でも生食パンの競争が激しくなりそうですね。

連日、銀座では行列が絶えない食パン専門店銀座に志かわ。

名古屋でも行列ができると思います。

 

View this post on Instagram

 

erequepさん(@erequep)がシェアした投稿

銀座に志かわのこだわり

銀座に志かわのこだわりは、水に始まります。

仕込みに独自のアルカリイオン水を使用しています。

小麦は最高級のカナダ産小麦を使用。

それに、もちろんはちみつやバター、生クリームもこだわっています。

これらを銀座に志かわ独自の配合で生地を作っています。

 

View this post on Instagram

 

pripri.remonさん(@pripri.remon)がシェアした投稿

奇跡の配合バランスで、生食でも美味しく食べられる食パンになっています。

銀座に志かわの食パンは、1種類。

1本売りです。

自信があるからこそ、1種類に限定し、1本で販売していると思います。

銀座に志かわの食パンを食べてみると

銀座に志かわの食パンを実際に食べてみると、甘さに驚かされます。

もちろん、口に入れた瞬間から甘くて美味しいのですが、その甘さ加減が絶妙に感じます。

きんぴらやチーズ、ワインにも合う様に作っていると言うだけあって、甘さも主張しすぎない様に感じます。

それでいて凛とした甘みなんです。

銀座に志かわの食パンの柔らかさ

実際に、生食パンを購入して割いてみました。

銀座に志かわの食パンを割くと、そのしっとり感がわかります。

しっとりとしていて柔らかい。

ふわっとしているのではなくしっとりとしています。

柔らかさは保水率の高さではないかと思いますね。

この水分が変化していくので、1日目、2日目、3日目と味が変化していくと言われているんじゃないでしょうか。

銀座に志かわの食パンはずっしり重い

銀座に志かわの食パンは、ずっしり重く感じます。

同じぐらいの切れ端をスーパーで買った食パンと比べてみました。

すると、持っただけでもわかる重量の違いがありました。

やはり、重さが水分量が多く、生地の目の細かさを証明しているようでした。

銀座に志かわ名古屋伏見店の情報

銀座に志かわ名古屋伏見店住所

住所:愛知県名古屋市中区栄

銀座に志かわ名古屋伏見店電話番号

電話番号:052ー684ー7422

銀座に志かわ名古屋伏見店営業時間

営業時間:11:00〜18:00

銀座に志かわ名古屋伏見店休日

不定休

銀座に志かわ名古屋伏見店の求人情報

タウンワーク

銀座に志かわ名古屋伏見店 の所在地地図

コメント

タイトルとURLをコピーしました