銀座に志かわ大分市猪野に新店舗オープン

大分市の新規オープン店

銀座に志かわ(にしかわ)が九州で初めて大分にオープンします。

本来なら本日7月24日オープンの予定でしたが、オープンが伸びて8月7日オープン予定だそうです。

銀座で行列ができるほどの人気の高級食パン専門店銀座に志かわ。

東京で大阪で話題になっている生食パンが九州でも食べられます。

生食パン専門店は、現在いろんなお店が営業しています。

どこの食パンも、そのまま食べた方が美味しい生食パンとなっています。

それぞれのお店で、少しづつ甘さや味わい香りが違っています。

好みはあると思いますが、銀座にしかわの食パンは、甘さの割に爽やかだとの印象です。

食べ比べてみたそれぞれの感想をまとめてみましたので読んでみてください。

食べてびっくり!人気食パン専門店実食レポート食べておくべき食パンまとめ
乃が美・一本堂・春日・明日の食パン・ラパン・嵜本・にしかわ。高級食パン専門店がブームです。はたしてどの食パンが美味しいのか、本当に美味しいのか食べてみました。実食してわかった食パンの美味しさをレポートします。
スポンサーリンク

銀座に志かわ(にしかわ)大分市猪野 お店の情報・場所は?行き方は?商品は?

銀座に志かわ(にしかわ)大分市猪野の情報

銀座に志かわ(にしかわ)大分市猪野住所

住所:大分県大分市猪野1507-1

銀座に志かわ(にしかわ)大分市猪野電話番号

電話番号:

銀座に志かわ(にしかわ)大分市猪野営業時間

営業時間:

銀座に志かわ(にしかわ)大分市猪野休日

銀座に志かわ(にしかわ)大分市猪野の求人情報・アルバイト情報

タウンワーク

銀座に志かわ(にしかわ)大分市猪野の場所はどこ?行き方は?

九州初上陸の高級食パン専門店銀座に志かわの店舗の場所はどこでしょう。

銀座に志かわ大分猪野店は、大分臼杵線沿いにあります。

公共交通機関からはかなり遠く、一番近い駅でもJR日豊線高城駅です。

コメダ珈琲店の大分明野店からすぐのところです。

銀座に志かわ(にしかわ)大分市猪野 の所在地地図

銀座に志かわ(にしかわ)大分市猪野のこだわりの水で作る生食パン

銀座に志かわの商品はたった一種類。

生食パンだけです。

水にこだわる高級食パンは、甘くて美味しい食パンです。

香りや癖は無いのに甘さだけが口の中に広がります。

はっきり言って、甘いんだけど爽やかな印象がある食パンです。

嫌味がなく食べやすい。

しっとりとしていて、ずっしりと重い。

生地が詰まっている目の細かい食パンです。

目が詰まっているにもかかわらず、柔らかいのです。

ミミは柔らかくて、ミミが美味しく仕上がっています。

スーパーで買う食パンなどは、ミミが嫌でトーストしないと食べられないって人が居ますが、銀座に志かわの生食パンはミミの方が美味しいいぐらいです。

バターに生クリームが使われているので、乳製品の様な甘さもあります。

ハチミツと乳製品が上手くハーモーニーを奏でた甘さになっています。

銀座に志かわ(にしかわ)大分市猪野のこだわりのアルカリイオン水はOSG製

銀座にしかわのこだわりとして、前面に押し出されているのが仕込みの時使用する水。

普通の水ではなく、天然水でもなく、アルカリイオン水を使っています。

アルカリイオン水は、浄水器メーカーで、多くの料亭やホテルの納入実績があるOSGが提供しているそうです。

お蕎麦屋などは、美味しい水を求めて郊外へ店舗を移転する店もあります。

お蕎麦ほどでなくとも、水が味に及ぼす影響は大きいのです。

銀座に志かわのスッキリした味わいは、このアルカリイオン水を使っているからかもしれません。

美味しさの秘密銀座に志かわのこだわり

銀座に志かわでは、材料にこだわっています。

こだわりは小麦に始まり、バター生クリームに及びます。

その中でも、こだわっているのが水。

仕込みに使う水に独自のアルカリイオン水を使っています。

アルカリイオン水を使う事で風味豊かな味わいとしっとり感やくちどけを生み出しています。

きんぴらやイカの塩辛にも合う食パン

銀座に志かわが進めているのは、なんにでも合う食パン。

甘い生食パンは、食パン自信が主張し過ぎて主食としての機能を失ってしまう場合があります。

しかし、銀座に志かわの食パンは、何かと一緒に食べる事を意識しています。

特に、和の食材とよく合うのできんぴらやなすの味噌漬け、つくだ煮などとよく合います。

ワインにも合うように作っているらしく、お酒のお供にも合うのです。

クラッカーの上にチーズや様々な食材をのせてワインのお供に出したりしますが、食パンをクラッカーの代わりにしてワインのお供になるわけです。

銀座に志かわ(にしかわ)大分市猪野のネットでの反響

 

この投稿をInstagramで見る

 

・ ・ 2019.4.19 ㊗️グランドオープン🎊 ✨銀座 に志かわ 食パン🍞 名古屋伏見店✨ ・ オープン初日にこの食パン🍞を買ってから、1日目、2日目、3日目と食べ比べが終わったところで、食レポしたいと思います📝 ・ pic1枚目 購入直後の1日目。(焼き立て) 何も付けず、生のまま頂きました。 生地は、ふわもちで、ほんの少し甘みあり。 パン耳は固すぎず柔らかすぎず、ちょうどいい硬さでした。 ・ pic2枚目 2日目。(熟成) カット面を見て頂くとわかるのですが、パン耳周りの生地部分に水分が出てきていました💦 20秒ほどレンチンして温め、食べてみたところ、1日目にふわもちだったのが、2日目はしっとり感が増して、甘みも強くなりました! ・ そしてpicはありませんが、3日目…(安定) 2日目にかなり水分が出てきていたので、3日目の生食はなし🙅‍♀️ 3日目はトーストして食べたら、外はサクッと、中はもっちりとした食感でした。 ・ 結論☝️ に志かわの食パン🍞は、1日目が1番美味しかったです😋 あくまでも私の個人的な感想です🙇‍♀️ ・ これまで、色んな食パン🍞を食べてきましたが、そのお店によって、食べ頃が違うと感じています😊 その時の温度や保管場所によっても全く違ってくるので、食パン🍞を美味しく食べたい時は、真冬が1番いいかも知れませんね😊 暑い☀️時は、常温保存は難しいです😥 ・ この食パン🍞は、私の中でのベスト3には入ったけど、No. 1🥇にはなりませんでした😅 やっぱり熟成した2日目に美味しい食パン🍞が私好みー😆💕 ・ ・ #銀座に志かわ #銀座に志かわ名古屋伏見店 #銀座に志かわの食パン #食パン #食パン専門店 #名古屋 #伏見 #名古屋情報 #パン #パン好き #オープン初日 #美味しい食パン #美味しい #instagood #instalike #instabread #instafood #水にこだわる高級食パン #食レポ

🌈yuka🤙さん(@_.yukaloha._)がシェアした投稿 –

まとめ

甘くてしっとりした生食パン。

個人的には甘さ加減が気に入りました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました