大きく分けて二つ自動車保険の種類

複数の自動車保険を一括で見積もりできるサイト。 たった1度の入力で、複数の会社から見積が取れます。 安くしようと思いうと、相見積もりを取ることが大切。 1度で複数から見積とれると便利ですね。
公式サイトはこちら

ウェブクルーが運営する自動車保険比較サイト。 最大20社の見積が一括で申請できます。 ウェブクルーは、様々な一括申請サイトを運営している会社。 申し込みも簡単で、確実です。
公式サイトはこちら

最大22社最短5分で見積もり申請完了のサイト。 この見積保険会社数は凄いですね。 自動車保険は安くなるのです。 多くの保険会社から見積もりを取って安い保険会社と契約しましょう。
公式サイトはこちら

自動車保険の種類

自動車を購入すると必ず加入しなければならないのが自賠責保険

自賠責保険は、自動車を購入するときに加入が義務付けされている保険で、自動車事故の被害者に最低限の救済を行うことを目的としていて,加入が義務付けられていることから、強制保険と言われています。

ただし、自賠責保険だけでは十分な補償ができるとはいいがたく、自賠責保険では不足している補償面をカバ-するために任意保険が販売されています。

任意保険と自賠責保険の大きな違いとは

任意保険と自賠責保険の大きな違いは、保険金が支払われるのがどこまでかという違いが大きいと思われます。

自賠責保険は補償の範囲が明確に決まっていて、あくまで無保険車が事故を起こしたときに最低限被害者を救済するものであるため、対象が「人」に限定されています。

いわゆる対物の補償は範囲に含まれていません。

これに対して、任意保険は、保険会社との契約で補償の範囲が変わります。

対象も「人」だけではなく、対物も補償に含めることができます。

様々な付帯サービスが設定されていて、自分の車への補償が設定できるのも任意保険の大きな特徴といえるでしょう。

もちろん、付帯されるサービスによって、保険料も変わってきます。

契約する保険会社と、付帯されるサービスの内容で大きく保険金は変わります。

保険料だけでなく、付帯するサービスや補償額なども比べる必要があるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ