広告

iphone

昔は東京だったが、今はネットにそれはある。

投稿日:

一昔前、インターネットが普及していない頃です。

一人の女性が三重県にいました。

彼女は孤独を感じていたそうです。

いやいや、家族も無く天涯孤独ってわけではありませんよ。

友達もちゃんといます。

しかし、孤独を感じ得ない。

 

 

彼女は、大学生になります。

大学生になって、東京に上京します。

すると彼女の孤独はなくなります。

 

なぜ、彼女の孤独は無くなったのでしょう。

 

それは、東京圏に4000万近い人がいるからです。

三重県では彼女と同じ趣味を持つ人はあまりいませんでした。

考え方の似た人は居たかもしれませんが、出会う事が無かったのです。

かりに彼女と同じ趣味を持った人が、人口の0.1%のマイノリティだとします。

1000人の町には彼女一人しかいません。

1万人で10人。

10万人でも100人。

人口密度から言って、出会う事は難しい。

 

しかし、東京近郊の人口からすると、0.1%のマイノリティでも数万人は居る計算になります。

人口密度が高いので出会う機会も多い。

そうです、東京に行って彼女は同じ趣味を持つ同士に出会った。

そして、長年抱き続けた孤独から解消されたのです。

 

人間は群れる動物です。

孤独は想像以上に辛い。

自分の趣味を話すのは楽しいです。

同じ趣味を持った人と趣味の話をするのは非常に楽しいのです。

周りに同じ趣味の人がいないと話す事ができません。

 

時代は進み、インターネットが世界を変えます。

同じ趣味を持つ人をインターネットで見つける事は容易です。

パソコン通信のころから、人は同じ趣味の人が集うフォーラムを作ります。

周りには居ない同士も、ネットの中では何万人も居ます。

 

現在は、SNS.

フェイスブックやグーグルプラス、Twitter

そこには同じ考え方の同士が沢山居ます。

そこには距離は存在しません。

 

向こうに人が居るから楽しい。

 

自分の夢を語ってもばかにされない。

すると、自分が夢に向かって行ってもいいんだと思えてきます。

心のブレーキが外れます。

共感が勇気を生むのです。

 

我々は、素晴らしい時代に生きています。

空間の制約から解き放たれ、集う喜び。

その喜びを私は噛み締めつつ、前に進む勇気を沢山の人から頂いています。

-iphone

Copyright© Batoるfield , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.