一本堂の高級食パン 実食・試食 食パンの種類と値段と味をレビュー

食パン専門店

焼きたて販売の高級生食パン専門店一本堂。

多くの高級食パン専門店がオープンする中で、一本堂も確実に店舗を増やしています。

今回は、一本堂の食パンを実際に5種類を購入しました。

どこがどう違うのかの感想を掲載しました。

他の食パン専門店とどこが違うのかもレビューします。

どれも実際に食パンを買って実食・試食してみた感想です。

私が実食した他店も含めたレビューのまとめはこちら

食べてびっくり!人気食パン専門店実食レポート食べておくべき食パンまとめ
乃が美・一本堂・春日・明日の食パン・ラパン・嵜本・にしかわ。高級食パン専門店がブームです。はたしてどの食パンが美味しいのか、本当に美味しいのか食べてみました。実食してわかった食パンの美味しさをレポートします。
スポンサーリンク

一本堂の食パン美味い?まずい?種類は?お値段の価値はある?

今回買ってみたのは一本堂の食パンの中で2種類。

一本堂(プレーン)と日本の食パンです。

高級焼きたて食パン専門店 一本堂とは?

食パン専門店は、大阪が発祥のお店が多いですね。

当然、競争が激しいのも大阪と言う事になります。

一本堂も大阪で発祥して、現在は全国に100軒以上のお店があります。

食パン専門店が増えていますが、食パン専門店としては先行組と言えますね。

一本堂の食パンは、小麦にこだわり、バターやマーガリンにもこだわって作られています。

工場で生産するのではなく、一軒一軒店舗で焼いています。

商品が食パンのみですので、広い店舗が必要なく、こじんまりとした店舗も多いです。

店舗で作っているので、焼き上がり時間が掲示されています。

それぞれのお店で焼き上がり時間が変わっています。

一本堂の食パンの特徴

一本堂の食パンの特徴は、全てが1斤の大きさで焼き上げられている事。

普通は2斤1本で焼き上げられている事が多いですよね。

1斤ごとに焼くと手間がかかってしまいます。

でも、1斤で焼いたほうが、均一に焼けるんです。

手間をかけて1斤づつ焼かれているのが一本堂の食パンと言うわけです。

一本堂の食パン(プレーン)実食・試食・食べてみた

一本堂の食パンは種類があります。

8種類あるんです。

その中で基本になるパンが一本堂(プレーン)です。

まず、一本堂の食パンがどんなものなのか知りたい人は、一本堂(プレーン)を食べてみるといいと思います。

他の食パン専門店が1種類に絞っている中で数種類作るのは手間だと言えますね。

一本堂(プレーン)は、本当に癖のないパンです。

嫌みが無くスーッと入ってくる食パン。

毎日食べても飽きる事の無い食パンと言えます。

トーストにして、バターを塗ったとき一番威力を発揮する様に思えます。

トーストにすると、ミミが香ばしい。

口の中に香ばしさが広がります。

ミミの存在価値がここにあるって感じです。

もちろん、生食で食べても美味しいですよ。

一本堂(プレーン)は、お店で切ってもらえました。

日本の食パンを実食・試食・食べてみた

日本の食パンを一本堂(プレーン)と食べ比べてみると、密度が違うように思います。

日本の食パンも、食べやすい食パン。

毎日食べられる。

日本の小麦を使っているからか、うどんの様に食べやすい。

トーストにしてバターを塗ったときにちょうどいい味に調整してある様にも思います。

もちろん、生食しても美味しくいただけます。

日本の食パンと一本堂(プレーン)は、どちらもトースト重視の様に思えました。

一本堂の食パンの種類と値段

一本堂(プレーン)

1斤280円

どんなシチュエーションでもはまる一本堂食パンの基本。

ミミもちゃんとあって香ばしく、中はモチモチです。

プレーンは、生食でもトーストでも食べて美味しい食パンです。

高密度食パン

1斤340円

高密度って言うぐらい詰まっている感が凄い食パン。

濃厚でモチモチ感がたまらない食パン。

厚切りトーストにして食べるのが最適。

日本の食パン

1斤360円

日本の小麦で作った日本の食パン。

厳選した国産小麦だけを使用しているのです。

パンの小麦はヨーロッパやカナダが良いとされています。

でも、日本人には日本の小麦の味が合うと思います。

ホテル食パン

1斤380円

北海道産バターの香りがリッチ感を出している食パン。

北海道産純生クリームのコクをプラスして、とてもリッチに食べる事ができる食パンです。

生クリーム食パン

1斤380円

超濃厚な北海道産純生クリームをたっぷり使いっている食パン。

じっくり丁寧に焼き上げた甘みの強いきめ細やかなパンです。

ちーず

1斤480円

パンの中にチーズが入っている食パンです。

濃厚な旨味のチーズが芳香な香りが楽しめます。

れーずん

ラム酒に1週間漬け込んだ大粒のレーズンをふんだんに入れ込んだ食パン。

手巻きで丁寧に仕上げた逸品。

低糖質食パン(糖質約50%オフ)

1斤450円

美味しいのに糖質をカットした食パン。

低糖質パンのイメージを変える逸品です。

一本堂の食パンを食べた感想

一本堂の食パンは、本当に私の知っている食パンの上位モデルだと思いました。

生食用に作られたパンにはハチミツが入ってて甘みがあります。

もちろん、普通の食パンでも甘みは有るのですが、ハチミツでつけられた甘みがあるわけです。

食べるととっても美味しい甘みのあるパンですが、毎日食べるとなるとどうだろうと思います。

以前、月曜から夜更かしと言う番組で、日本の朝食がパンに取って代わられたのはコシヒカリをあまりにもリスペクトし過ぎたためだと、お米問屋の方が言っておられたのを思い出しました。

コシヒカリは、とても美味しいお米です。

でも、お米自身が自己主張し過ぎておかずに合いにくかったり、朝には重くさらっと食べられない。

その為に食べやすい食パンに米食がとって代わられたのだと言っておられました。

今の甘い食パンは、生食で食べるのには美味しいのですが、毎日通勤前に朝食として食べるのにはどうだろうと思う事があります。

その点、一本堂の食パンは毎日食べられる美味しさだと思えます。

通勤前でも癖が無くさらっと食べられるけど美味しい。

安全な食パンだと言えると思います。

一本堂の食パンまとめ

一本堂の食パンは毎日食べやすい食パン。

朝食に食べるなら一本堂。

甘い物が苦手な人でも食べられる!

一本堂当サイト紹介店舗一覧

高級食パン専門店 一本堂 紹介店一覧
高級食パン専門店の一本堂。ちーずやれーずん、ホテル食パンなど数種類の食パンがある専門店。好みやシチュエーションに合わせて食パンを選ぶことのできるお店です。1斤で焼かれていて、むらなく美味しく食べられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました