マガジンアーカイブ!雑誌の記事アーカイブです

Magarchives

流行・グッズ情報誌

【必読】保険の見直し-家族が一生お金に困らない[日経TRENDY]

投稿日:

今こそ絶好の見直し時 家族が一生お金に困らない保険

特集の最初に各保険のランキングが掲載されています。

保険の種類はわかりにくなっています。

以前の様に、一律でもないので、営業マンと顔見知りという理由で契約せず、いろいろと調べてから必要な保険を契約することで節約することができるわけですね。

 

 

医療保険

三井住友海上あいおい生命保険の&LIFE 新医療保険Aプラス

オリックス生命保険 新CURE「キュア」

がトレンディ認定とされています。

がん保険

終身がん治療保険プレミアム

がトレンディ認定とされています。

貯蓄型保険

オリックス生命保険 終身保険RISE「ライズ」

ソニー生命保険 学資保険Ⅱ型

メットライフ生命保険 USドル建終身保険 ドルスマート

がトレンディ認定とされています。

収入保障保険

東京海上日動あんしん生命保険 家計保障定期保険NEO

がトレンディ認定とされています。

就労不能保険

アフラック 給与サポート保険

ライフネット生命保険 働く人の保険2

がトレンディ認定とされています。

自動車保険

全労災 マイカー共済

セゾン自動車火災保険 おとなの自動車保険

がトレンディ認定とされています。

激動の保険3大トレンド

保険料が、保険会社の運用上重要な標準利率引き下げなどで値上げとなっています。

来年には、日本人の平均寿命が延びたことなどで、値下げされる保険と値上げされる保険が出てきます。

値上げ=医療保険・がん保険

値下げ=生命保険

医療保険などは値上げとなっていますが、カバーされる疾患は増えています。

がん保険は、各保険で給付される範囲なども変わってきており、より慎重に内容を吟味して加入することが必要となっています。

従来は、死亡保険が生命保険の代名詞でしたが、病気になっても死ななくて済む場合も増え、その代わりに働けなり経済的に困窮する事例が増えているため、万一の時収入が保証される「収入保障保険」や「就業不能保険」などのニーズが増えています。

保険料は、そう受給額が徐々に減る「収入保障保険」に切り替えることで大幅に減る場合もあるようです。

保険は「ムダなく」「ムラなく」が鉄則

生命保険といえば、働き頭のもしもの場合に備える「死亡保障」が思い浮かべられるでしょう。

保険は高額な買い物であるため、本当に必要な保険を見極めて購入することが大切です。

世帯主の死亡時には、公的な保障が給付されるため、必要な保険金は少なくなると言えます。

遺族基礎年金と遺族厚生年金が支払われるためです。

さらに、けがや病気で働けなくなったとき、健康保険に加入していれば最大1年6ヶ月の傷病手当が支給されるため、これを計算に入れてのリスク判断が必要となります。

世帯主が、死亡または働けなくなり、さらに、公的保証では対応できなくなる場合の確率はかなり低く、確率の高くなる年代になれば、必要な金額が少なくなっている場合が多いのです。

保険の種類

医療保険

医療保険は必要ないと言うファイナンシャルプランナーも多くいます。

日本には国民皆保険があり、ほとんどの場合健康保険でまかなえるためです。

では、医療保険が必要となるのは高度医療を受け健康保険で対応できなくなった時です。

医療保険の場合、どの様な疾患のどの様な医療に対応しているかを知る必要があります。

日経トレンディでは、主だった医療保険を表形式で説明しています。

注目は、ワンコイン保険。

500円で最先端医療と臓器移植までカバーするLinkx coins やがんの免疫療法に対応するがん治療のための免疫保険は、公的な制度では適用されず、万一の時多額の費用がかかる医療をカバーする保険です。

ワンコインでその様な医療がカバーできるなら、これだけで保険はいいのではないか?

そう思える保険です。

管理人は、この保険を検討したいと思います。

がん保険

日本人の死亡率でもっとも高い病気がガンです。

がんに備える保険ががん保険です。

ガンも公的な健康保険でカバーできる治療が増えてきています。

自由診療に対応した先端医療が保証されているがん保険など、項目を確認して選ぶべきです。

日経トレンディでは表形式でわかりやすく解説しています。

貯蓄型保険

定期預金が極低金利の中、貯蓄を目的にした保険です。

円で運用する保険だけでなく、ドル建てで運用する保険も増えています。

ドル建ての場合、利率が2.5%の商品もあり、かなりの利率となっています。

もちろん、為替変動のリスクも付きまといますので注意が必要です。

就業不能保険

この保険に関しては、少し保険料と保険金の割合がわかりずらい。

就業不能保険は、けがや病気で働けなくなった時に保険金が支払われるもの。

サラリーマンならば、傷病手当が1年6ヵ月でる。

その後も障害者年金が支給されるが、金額は多くはないため、現役時の給与との差額を埋める保険。

-流行・グッズ情報誌
-, , , , ,

Copyright© Magarchives , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.