セブンイレブン 荒川西尾久4丁目店

コンビニエンスストア

新しいコンビニが東京都荒川区にオープンします。

オープンするのはセブンイレブン。

JRの車庫の北側にオープンします。

コンビニ決済はお得な特典満載PayPayで!

バーコードで簡単決済。

Felicaがついていないスマホでも使用できます。

ApplePayやおサイフケータイなんて不要です。


お申し込みは簡単!


セブンイレブン 荒川西尾久4丁目店 お店の情報・場所は?行き方は?商品は?

セブンイレブンがコンビニ差別化に力を入れるレギュラーコーヒー

東京などの大都市ではコンビニはたくさんありますよね。

尾久でも、明治通り沿いにもセブンイレブンがあります。

東側に少し進んでもファミリーマートがあって、セブンイレブンもあります。

これだけコンビニがあると、どこのコンビニに行くか迷いますよね。

どのコンビニを利用するかは好みの問題になりますよね。

コンビニ戦争と呼ばれる現在、コンビニの過当競争が起こっています。

コンビニの競争の中で、コンビニを選ぶ要因として、珈琲が一つの売りになっています。

各コンビニはどこでもレギュラーコーヒーが100円。

100円で飲める珈琲は、今や当たり前となっています。

セブンイレブンでも、珈琲に力を入れています。

セブンイレブンでは、新しい珈琲ディスペンサーが登場しました。

新しいディスペンサーは、ブラックコーヒーしか入れる事はできません。

しかし、フルオートでコーヒーを入れてくれます。

おそらく、以前のディスペンサーが、アイスとホットを間違えたり、RとLと間違えたりしてしまった経験があります。

セブンイレブンには、レギュラー、ラージがホットとアイス両方の珈琲にあります。

4種類の珈琲を自動的にのせたコップで判別して自動的に入れてくれるものです。

この他にも、セブンイレブンにはカフェラテを入れる事ができるディスペンサーはもあります。

セブンイレブンでおすすめサラダチキン

コンビニを選ぶ基準になる商品はたくさんあります。

セブンイレブンでおすすめの商品はたくさんあります。

パンもこだわっていて美味しいですし、スイーツもお手頃価格で美味しいです。

でも、そんな中で健康志向の人の中で人気になっているのがチキンです。

セブンイレブンには、サラダ用のボイルチキンが販売されています。

7プレミアムサラダチキンには、サラダスモークチキン、サラダチキンハーブ、サラダチキンタンドリー、サラダチキンガーリックペッパーなどがあります。

サラダチキンをサラダに使わずに、そのまま昼食として食べる人が増えています。

カーボンオフ生活をしている人は増えています。

炭水化物を摂らないで高タンパクのチキンで、食事を済ませるわけです。

ダイエット中の人にもお勧めできます。

ゆで卵とチキンで炭水化物を摂取せず、食事を終わらすのです。

実は、セブンイレブン以外にもチキンは販売されています。

でも、値段はセブンイレブンが一番お安くなっています。

セブンイレブンの新型店舗は冷食が豊富

セブンイレブンは、ユーザービリティ向上のために新型の店舗を新たにオープンさせています。

今までの店舗と新型の店舗はコンセプトから違うようです。

お店の作りや商品の品揃え、棚の幅なども変わっています。

新型店舗は入り口が中央

従来のセブンイレブンの店舗は、入り口が左右どちらかに寄っていました。

真ん中に入り口は無いのです。

これは、多くのコンビニエンスチェーンで採用されているコンビニの基本の形です。

これまでは、ほとんどの場合入り口が左端にある時は左側に、入り口が右端にある時は右にレジ台が配置されていると思います。

入り口を入ると側面にレジが置かれているお店がほとんどでした。

雑誌の棚は窓際で、レジとは逆方向。

若者がユーザーだとすると、まず雑誌を見に行く人が多かったからです。

週刊漫画を買ったり、立ち読みしたりでコンビニに来店する人が多い。

すると、そのまま飲み物やお弁当を買って帰る人の割合がかなりの割合だったのです。

雑誌を見て、飲みののを手に取って振り向くと、お菓子やスイーツの棚があります。

飲み物と一緒にお菓子やスイーツを購入してくれると客単価が上がります。

お弁当は雑誌と逆方向にあるので、雑誌を読んで弁当を買おうとすると、色んな誘惑が目に入るってわけです。

この様に、客の心理を考えた配置だと言われています。

所が、最近のセブンイレブンのレジ台は入り口の真正面。

お店の一番奥に配置されています。

棚と棚の幅も広くなっています。

これも、コンビニのターゲットユーザーが変わってきているからだと思えます。

若者が立ち寄る場所から、お年寄りや子供連れの女性が立ち寄る場所になったと言えます。

スーパーと同じ配置が、スーパーに慣れた人たちにはなじみがあります。

新型店舗は冷食の品揃えが豊富

郊外型の新型店舗にいえる事なのですが、冷食の品揃えが豊富で、冷凍庫も以前の3倍近い量が入る様になっています。

スーパーと同じと間では言いませんが、スーパーに行かずとも必要な商品がそろっています。

遠くのスーパーに行くのが大変な人たちに、近くのコンビニで買い物してもらおうという事だと思います。

冷凍庫は、アイスクリーム用が別になっているので、以前の3倍近い量だと言えると思います。

冷食の量や種類が増えているのは、コンビニユーザーが変わっている事を意味しています。

いくら冷食と言っても弁当よりは手がかかります。

そう考えると、単身の若者ユーザーからお年寄りのユーザーが増えた事により冷食を増やす事になったのではないかと思っています。

セブンイレブン 荒川西尾久4丁目店の情報

セブンイレブン 荒川西尾久4丁目店住所

住所:東京都荒川区西尾久4丁目773-1

セブンイレブン 荒川西尾久4丁目店電話番号

電話番号:

セブンイレブン 荒川西尾久4丁目店営業時間

営業時間:24時間営業

セブンイレブン 荒川西尾久4丁目店休日

年中無休

セブンイレブン 荒川西尾久4丁目店の求人情報・アルバイト情報

タウンワーク

セブンイレブン 荒川西尾久4丁目店の場所はどこ?行き方は?

新しくセブンイレブンがオープンするのは、東京都荒川区。

JRの車庫のある尾久駅から、北に出て、明治通りを東に行きます。

荒川七中入口を北に入り、さくら通りを北上するとセブンイレブンがあるはずです。

セブンイレブン 荒川西尾久4丁目店 の所在地地図

まとめ

新しいコンビニが東京都荒川区にオープンします。

コンビニもユーザー層に合わせて変わりつつあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました