セブンイレブン 浦和瀬ヶ崎店 新しいコンビニがオープン

浦和区

住宅地にコンビニができると生活が一気に変わりますね。

新しいコンビニがさいたま市浦和区瀬ヶ崎にオープンします。

オープンするコンビニはセブンイレブンです。

コンビニ決済はお得な特典満載PayPayで!

バーコードで簡単決済。

Felicaがついていないスマホでも使用できます。

ApplePayやおサイフケータイなんて不要です。


お申し込みは簡単!


セブンイレブン 浦和瀬ヶ崎店 お店の情報・場所は?行き方は?商品は?

木崎中学校近くのコンビニはセブンイレブンです!

自分の家の近くにコンビニができるってなるとどのコンビニなのかが気になるものです。

埼玉県さいたま市浦和区の木崎中学校近くにできるコンビニはセブンイレブンです。

セブンイレブン 浦和瀬ヶ崎店の情報

セブンイレブン 浦和瀬ヶ崎店住所

住所:埼玉県さいたま市浦和区瀬ヶ崎3丁目

セブンイレブン 浦和瀬ヶ崎店電話番号

電話番号:

セブンイレブン 浦和瀬ヶ崎店営業時間

営業時間:

セブンイレブン 浦和瀬ヶ崎店休日

セブンイレブン 浦和瀬ヶ崎店の求人情報・アルバイト情報

タウンワーク

セブンイレブンでPayPayが使用可能に!

バーコードで簡単決済。

Felicaがついていないスマホでも使用できます。

ApplePayやおサイフケータイなんて不要です。


お申し込みは簡単!

iPhoneの方はこちら

アンドロイドスマホの方はこちら

セブンイレブン 浦和瀬ヶ崎店の場所はどこ?行き方は?

正式に新しくセブンイレブンがオープンする場所が公開されていません。

木崎中学校バス停から徒歩1分の場所なので、ほぼその辺りと言えます。

現地にお住いの方はもう場所がわかっていると思います。

セブンイレブン 浦和瀬ヶ崎店 の所在地地図

セブンイレブンのエリア戦略

住宅地域では、コンビニ各社はエリア戦略を立てている様です。

住民の方々が、どの程度の距離であればコンビニに立ち寄るか。

あまり離れているなら、それ以上に安いスーパーに行く事でしょう。

そこで、等間隔にコンビニを配置していくエリア戦略です。

もちろん、他店も同じ動きをしていますので、他店との距離間隔で売り上げも変わってきます。

コンビニ戦争と呼ばれる現在、コンビニの過当競争が起こっています。

コンビニの競争の中で、珈琲が一つの売りになっています。

一番近くにあるコンビニに普通は行きますが、ある程度離れると行きたいコンビニを選びます。

そのきっかけになるため、各商品で競い合っているわけです。

セブンイレブンでも、珈琲に力を入れています。

セブンイレブンでは、新しい珈琲ディスペンサーが登場しました。

新しいディスペンサーの特徴は、フルオートでコーヒーを入れてくれます。

セブンイレブンには、レギュラー、ラージがホットとアイス両方の珈琲にあります。

4種類の珈琲を自動的にのせたコップで判別して自動的に入れてくれるものです。

特に、お年寄りの多い地域ではボタンを押すだけって大切です。

人の操作が多いと店員さんに問い合わせが入って仕事が増えるからです。

この他にも、セブンイレブンにはカフェラテを入れる事ができるディスペンサーはもあります。

セブンイレブンでおすすめサラダチキン

セブンイレブンでおすすめの商品はたくさんあります。

パンも美味しいですし、スイーツも美味しいです。

でも、そんな中で注目する商品はサラダチキンなんです。

セブンイレブンには、サラダ用のボイルチキンが販売されています。

7プレミアムサラダチキンには、サラダスモークチキン、サラダチキンハーブ、サラダチキンタンドリー、サラダチキンガーリックペッパーなどがあります。

サラダにしても美味しいです。

野菜を食べる事が目的のサラダも、たんぱく質を追加する事で栄養バランスが一気に上がります。

サラダを食べたくない世代も鶏肉が入っていると食べようと思う人も居ます。

しかもチキンは高タンパク低脂肪!

炭水化物はほとんどゼロです。

ダイエット中に食べるのには最適です。

ゆで卵とチキンで炭水化物を摂取せず、食事を終わらすのです。

実は、セブンイレブン以外にもチキンは販売されています。

でも、値段はセブンイレブンが一番お安くなっています。

セブンイレブンの新型店舗は冷食が豊富

セブンイレブンは、新型の店舗を新たにオープンさせています。

特に、郊外や住宅地ではコンビニを利用するユーザーの年齢層が高くなっています。

年齢層の変化によって、今までの店舗と新型の店舗はお店の作りや商品の品揃え、棚の幅なども変わっています。

新型店舗はレジの配置が違う

従来店と大きく違う所は、入り口の位置とレジの位置です。

これまでは、ほとんど真正面に入り口はありませんですた。

少し左右どちらかにズレている。

レジは、入る方向の横向きに設置されていました。

良く売れる飲み物と、お弁当、雑誌が離れた位置にあって、その間にちょい買いする商品が並べられていました。

一周回る様な形でレジの横辺りにお弁当やおにぎりが配置されているわけです。

所が、最近のセブンイレブンのレジ台は入り口の真正面。

お店の一番奥に配置されています。

棚と棚の幅も広くなっています。

これも、コンビニのターゲットユーザーが変わってきているからだと思えます。

若者が立ち寄るより、お年寄りや子供連れの女性が立ち寄る事が多くなった。

ついで買いする年齢層が減ったことが要因だと思われます。

その為の配置じゃないかと思えます。

新型店舗は冷食の品揃えが豊富

郊外型の新型店舗にいえる事なのですが、冷食の品揃えが豊富で、冷凍庫も以前の3倍近い量が入る様になっています。

先ほどのエリア戦略からと思いますが、スーパーに行かなくても必要な物が揃う。

ちょっと買い足したいものをコンビニで買う。

その為の品揃えとなっていると思われます。

だから、冷凍食品もスーパーと同じと間では言いませんが、売れ筋商品がそろっています。

冷凍庫は、アイスクリーム用が別になっているので、以前の3倍近い量だと言えると思います。

冷食の量や種類が増えているのは、コンビニユーザーが変わっている事を意味しています。

いくら冷食と言っても弁当よりは手がかかります。

そう考えると、単身の若者ユーザーからお年寄りのユーザーが増えた事により冷食を増やす事になったのではないかと思っています。

セブンイレブン 浦和瀬ヶ崎店のネットでの反響

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました